ニュース
» 2011年04月11日 20時01分 UPDATE

本日ティーザーサイトオープン――キューエンターテインメント、MMORPG「BraveSongOnline」の日本国内向けサービス提供を発表

台湾でサービス中のMMORPG「勇者之歌」の日本向け独占配信権を獲得。「BraveSongOnline」として日本国内向けサービスをスタートさせる。現在、ティーザーサイトでは舞台となる「タナシア大陸」や登場キャラの情報が公開されている。

[ITmedia]

 キューエンタテインメントは、台湾・Chinesegamerが開発・運営を手がけるMMORPG「勇者之歌」において、日本国内における独占配信権を獲得。「BraveSongOnline」として日本国内向けサービスを提供することを発表した。4月11日にはティーザーサイトをオープンした。

 「BraveSongOnline」は、数億年前に誕生したとされる「タナシア大陸」を舞台に、3つの勢力「アスラ帝国」「イレネース連合」「セト王国」に分かれ大陸での覇権を争うMMORPG。ゲーム内キャラクターとして15人の登場が予告されており、ティーザーサイトでは女性キャラ「クレア・ライダー」(声・井上喜久子)と男性キャラ「シャール」(声・森久保祥太郎)の紹介が公開されている。

「BraveSongOnline」ストーリー

はるか昔

迫りくる混沌のなか、失われかけた光

崩れかけた世界に一曲の歌が鳴り響く

勇ましく、美しく

世界に鳴り響いた一曲の歌

「ブレイブソング〜勇者の歌〜」

勇ましき旋律に導かれた勇者たちが

今、再び失われかけた光を世界に取り戻す


tm_20110411_bravesongonline01.jpg 「BraveSongOnline」舞台となる「タナシア大陸」



tm_20110411_bravesongonline02.jpgtm_20110411_bravesongonline03.jpg 男性キャラ「シャール」(左)と女性キャラ「クレア・ライダー」(右)

(c) 2011 Chinesegamer International Corp.
(c) 2011 Q Entertainment Inc.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう