ニュース
» 2011年04月12日 19時30分 UPDATE

2010年度のトレーディングカードゲーム市場は約840億円

トレーディングカードゲーム市場のトップシェアは「遊戯王OCG」。「プロ野球オーナーズリーグ」や「ヴァンガード」といった新シリーズも好評だ。

[ITmedia]

 2010年度のトレーディングカードゲーム市場は、約840億円の規模であることが分かった。メディアクリエイト調べ。

 これは、2010年4月〜2011年3月の販売金額の累計で、調査自体2009年9月から実施されているため、前年度との比較は行っていない。

 トレーディングカードゲームは、プレイヤーが各々収集したカードのコレクションの中から、自分専用の山札をあらかじめ用意した上で遊ぶ対戦型のゲーム。は、主に学生層を中心に人気がある。

 年度内のシリーズ別販売金額シェアでは「遊戯王OCG」が33.91%とトップで、次いで「デュエルマスターズ」が16.68%と続いている。また、集計期間内に発売された新シリーズ「プロ野球オーナーズリーグ」や「ヴァンガード」がユーザーからの支持を集めつつある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう