ニュース
» 2011年05月03日 22時55分 UPDATE

ソニーのオンラインゲーム子会社でも個人情報流出の可能性

「Everquest」などのオンラインゲームを運営するSony Online Entertainmentでも、約2460万件の個人情報が流出した可能性があることが判明した。

[ITmedia]

 ソニーは5月3日、米オンラインゲーム子会社Sony Online Entertainment(SOE)のシステムに不正アクセスがあり、顧客情報が持ち出された可能性があることを明らかにした。同社は「Everquest」「DC Universe」などのオンラインゲームを運営している。

 SOEのシステムが4月16〜17日にかけて外部からの侵入を受け、SOEアカウント約2460万件の個人情報が漏えいした可能性があることが調査により判明したとしている。流出の可能性があるのは、氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス、性別、生年月日、ログインID、ハッシュ化されたパスワード。

 また2007年当時のデータベースから、約1万2700件の米国外のユーザーのクレジットあるいはデビットカードの番号と有効期限(クレジットカードセキュリティコードを除く)、さらにオーストリア、ドイツ、オランダ、スペインのユーザーの約1万700件のダイレクトデビットカードの購入履歴、口座番号、口座名義、氏名住所も漏れたかもしれないという。

 SOEはサービスを停止し、調査と復旧作業を進めている。影響を受けた可能性のあるユーザーに電子メールで通知を送っているという。

 同社はユーザーに謝罪し、今後の対応として個人情報保護のためのサポートや、サービス停止の日数に加えて30日の無料サービスを提供するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう