新着記事一覧

新着記事一覧

連載
» 2011年05月26日 10時35分 UPDATE

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:クイズ王を目指して!「アドベンチャークイズ カプコンワールド」ほか (1/4)

連載第94回は、「アドベンチャークイズ カプコンワールド」「ハテナ?の大冒険」「クイズ殿様の野望」といった、カプコンのクイズゲームを取り上げてみます。今回は(今回も?)個人的趣味全開です。

[ゲイムマン,ITmedia]

「フジテレビからの〜」からの〜?

wk_110526gameman01.jpg 桜の時期に合わせて、さいたま市岩槻の岩槻城址公園に行ってみた

 久々に、テレビに出させていただいた。フジテレビ木曜深夜の「フジテレビからの〜」という番組(5月12日OA)。MCはアンタッチャブル山崎弘也さん。はるか昔にテレビ東京の「ゲームWAVE」でお見かけしたことがあるけれど、一緒に出演するシーンがなかったので、そのときはちゃんとご挨拶できなかった。……で、今回も一緒のシーンがなくて、お会いしてないんだけど。

 それにしても、やっぱりテレビはいいなあと思った。もっと出たいなあ。4年前に「『ぷっ』すま」に出たときも同じことを思ったけど、出たいと思ってすぐ出られるほどテレビは甘くない。

 クイズ番組ならどうだろう? ほら、これでも一応わたし、慶應義塾大学を卒業しているし。テレビで「Qさま」(テレビ朝日)のプレッシャーSTUDYを見てて、9番・10番の問題でも、時々だったら答えられるし。「小中学校教科書クイズ」(日本テレビ)を見てたら、一度だけ、回答者が全員間違えた問題を正解したことがあるし。

 ただ、わたしも過去にクイズ番組に出たことが2回あるけど、2回とも最下位だったんだよなあ。「TVチャンピオン」では、2000年当時の最新のゲームに関する問題がまったく分からずに、第1ステージで脱落。番組ディレクターさんが頭を抱えていた(見た目のインパクトがあるわたしに、もう少し先まで残ってほしかったらしい)。

 「ゲームWAVE」の企画で、ゲームミュージックのイントロクイズをやったときには、すごく緊張して変な答えを連発。「あるゲームのクレジット音(お金を投入したときに鳴る音)が流れます」と言われているのに、音を聞いたわたしの回答が「ゼルダの伝説」と言っていたらしく(すっごく余談だけど、このときにアンタッチャブル山崎さんにお会いしたのだった)。

 こんなレベルじゃ「Qさま」には到底出られないよなあ。山崎さんや伊集院光さんに、久しぶりにお会いしたいのに。いやそれよりも何よりも、水野裕子さんと共演したい! めちゃくちゃファンなのです。水野さんと共演できるんなら「クイズ!ヘキサゴンII」でもいい! ……って、そっちはもっと無理ですね分かります。

 いずれにせよ、もっとクイズに強くなるよう、練習しようと思った。ということで今回は、1989年にアーケードに登場した「アドベンチャークイズ カプコンワールド」と、それに続くカプコンのクイズゲーム「ハテナ?の大冒険」「クイズ殿様の野望」をプレイして、自らのクイズ能力を鍛えようと思う。

wk_110526gameman02.jpg 4択問題を制限時間内に回答するシステムは、それぞれのゲームに共通している
wk_110526gameman03.jpg 「クイズ殿様の野望」では、クイズに答えて戦国大名の領土を広げていく
wk_110526gameman04.jpg ゲームボーイ版「ハテナ?の大冒険」は、アーケード版と異なるシステム。ウッドマンが倒せない?

クイズで王女を救い出せ!

wk_110526gameman05.jpg 「カプコンワールド」。クイズゲームなのに、オープニングでお姫様がさらわれてしまう

 「カプコンワールド」以前にもクイズゲームはあった。アーケードにはかなり早い段階からあったようだ。「ザ・ベストゲーム2」(新声社)という本によると、1983年の「アメリカ横断ウルトラクイズ」(タイトー)が初のクイズゲームで、1987年には「ハイホー」(日本物産)というゲームがあったらしいが、わたしはどちらも見たことがない。

 ファミコンだと「ナゾラーランド」(サン電子)があり、あと「えりかとさとるの夢冒険」(ナムコ)に「クイズナゾザンス」というミニゲームがある(最近ではマンガ「れとろげ。」によく出てくるから、そちらでご存じの方もおられるかもしれない)。もっとも、この頃までクイズゲームは、それほどメジャーなジャンルというわけではなかった。

 だが、1989年に「カプコンワールド」が、翌1990年「ハテナ?の大冒険」がアーケードでヒットして以降、クイズゲームはアーケードでも家庭用ゲーム機でも、人気ジャンルとなった。

 「カプコンワールド」は、クイズゲームなのに主人公がいて、背景設定があるのも特徴的。平和だったカプコン王国の王女が、盗賊にさらわれてしまった。1人の勇敢な少年が立ち上がり、王女を救うため、カプコン王国の6つのワールドに潜むボスたちとクイズで戦う。

 特徴的なのが各ワールドのマップ。すごろくのようになっている。4枚のカードから1枚を選び、出てきた数字の数だけ進める。止まったマスごとに、「正解数ノルマ」(そこを突破するためにクイズを何問正解しなければならないか)が設定されている。

 問題は最高10問出題される。基本的には4択で、4つのボタンで解答を選ぶ。コントロールパネルにレバーがなく、ボタンだけが4つあるのもまた「カプコンワールド」の特徴だ。ボタンを1つ押すだけで解答できるので、“レバーで選んでボタンで決定”という操作方法よりも素早く答えられる(後述するが、このゲームにおいては、問題が出てから答えるまでの素早さがかなり重要)。

wk_110526gameman06.jpg 6つのワールドのマップはそれぞれ、「CAPCOM」の文字の形をしている
wk_110526gameman07.jpg 早く答えるとボーナス点がもらえる。最高は5000点だが、その1つ下が2000点。瞬時に答えないと高い点は得られない
wk_110526gameman08.jpg 止まったマス目によっては、問題が3択や2択になったり、制限時間が延びたりする

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事