新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年05月30日 18時32分 UPDATE

日々是遊戯:どういうこと? 東大がファミコンを作ったらしいので見に行ってきた

「東大がファミコンを作ってるらしいよ」というウワサを聞きつけ、東京大学の学園祭に顔を出してみました。え、ファミコンって作れるの!?

[池谷勇人,ITmedia]

確かにファミコンです

 5月28日、東京大学の「五月祭」を見に行ってきました。目的はズバリ、EEIC(工学部電子情報工学科・電気電子工学科)が出展しているという、「自作ファミコン」。えっ、ファミコンって自作できるものなの!?

 さっそく行ってみると、確かに「スーパーマリオブラザーズ」が動いています。モニタの前にあるのは、何やら見たことのない基板。これ、一体どういう仕組みなんですか?

「FPGA(Field Programmable Gate Array)という、内部のデジタル回路を自由に書き換えできるデバイスがあるんです。本来は企業などがハードを開発する際に使うものなんですが、これを使ってファミコンをそのまま再現しています」

 おおお、なるほど。ちなみにこのFPGA、企業向けとあってかなり高価。今回使用しているのはおよそ2〜3年前に発売されたものですが、発売当時は200〜300万近くしていたそう。詳しくはEEIC 坂井・五島研究室の紹介ページをどうぞ。

wk_110530hibikore01.jpgwk_110530hibikore02.jpg 当然、コントローラも自作。基板丸出しですが、ちゃんと遊ぶことができました

wk_110530hibikore03.jpgwk_110530hibikore04.jpg FPICとその心臓部。プログラミングにより、内部の回路を何度でも書き換えられるのが特徴。ちなみに数字はギミックとのこと。現在実行されている命令の番号を表しているそうです

 実際に遊ばせてもらうと、自作コントローラーがちょっと使いにくいのを除けば、普通に「スーパーマリオブラザーズ」が遊べる。実機と比べるとサウンドの再現度がイマイチですが、サウンド関係は特に再現が難しいそうで、ほんの3〜4日前までは「まったく出ていなかった」とのこと。筆者が話を聞いていると、通りかかったほかの学生が「おおっ、音出るようになったんだ!」と驚いていたのが印象的でした。

 開発はほぼ1人で行い、現在の形になるまでは約4カ月間かかっているそう。ちなみにカートリッジスロットはなく、ゲーム自体もそのまま回路に書き込んでしまってあるため、遊べるタイトルは今のところ「スーパーマリオブラザーズ」だけとのことです。今後改良されるのかを聞いたところ――。

「私がいま4年生なので、今後改良して展示したりするのは難しいと思います。誰か引き継いでくれる後輩がいれば別ですが……」

 あらら残念。うーん、どうせなら完成版も見てみたかったですね。

 ちなみにFPGAを使ってファミコンを再現する方法については、こちらの「NES on FPGA」というサイトが詳しく説明しています。これを見て、「僕もファミコンを作りたい!」と思った方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事