新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年06月13日 17時19分 UPDATE

10月放映開始:今度のガンダムは親子3代100年の叙事詩――「機動戦士ガンダムAGE」新作発表会 (1/2)

ガンダム新シリーズ「機動戦士ガンダムAGE」が10月より放映開始される。ストーリー/シリーズ構成はレベルファイブの日野氏が担当する。

[ITmedia]

3つの運命が歴史になる――

wk_110613age07.jpg

 6月13日、バンダイナムコゲームス社屋内ファンシアターにて、機動戦士ガンダムシリーズ新シリーズ「機動戦士ガンダムAGE」が発表された。MBS・TBS系列にて2011年10月から放送開始される。

 機動戦士ガンダムシリーズとしてテレビ放映されるのは、2007年10月から2009年3月に放送された「機動戦士ガンダム00」以来、2年半ぶりの新作となる(ただし、劇場作品・OVAとしては2010年3月から現在第3話が劇場公開されている「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」がある)。

 今回の「機動戦士ガンダムAGE」は、親子3世代にわたる物語が描かれる。1世代目の主人公がフリット・アスノ、2世代目の主人公がフリットの子、アセム・アスノ、3世代目の主人公がフリットの孫、キオ・アスノと、主人公が親から子へ、子から孫へとバトンタッチしていく。彼らが乗り込む「ガンダムAGE-1」には自己成長するコンピュータ「AGEシステム」が搭載されており、状況によって手足を換装し、スピードタイプの「スパロー」やパワー型の「タイタス」で戦うことができる。


wk_110613age08.jpg

 企画協力には「イナズマイレブン」や「ダンボール戦機」のレベルファイブが携わり、レベルファイブ代表取締役の日野晃博氏がストーリーを担当する。

 発表会に登壇したバンダイ代表取締役社長兼CGO(チーフ ガンダム オフィサー)の上野和典氏は、今までの作品に敬意を評しつつ、新たなガンダムの歴史の1ページとなると挨拶。サンライズ専務取締役の宮河恭夫氏は、本作は「三世代」がキーワードであり、主人公たちが100年にわたる戦いに巻き込まれていくことで成長していく姿が描かれると監督の山口晋氏とストーリー/シリーズ構成を担当する日野晃博氏を呼び込む。

 山口氏はとにかくお祭り騒ぎでいきたいと強調する。従来のガンダムが持つセンシティブな部分はもちろんだが、キャラクターたちの気持ちの流れや思いの流れを重視しつつ、通俗娯楽を大事にしたいと言う。

 また、今回ずっと関わりたかったガンダムのストーリー/シリーズ構成に携わることについて日野氏は、過去に見ていた親の世代と、新しくガンダムを見る子供たちの両方を取り込める超大作娯楽作品になっているとコメント。今作も戦争を正面からとらえた内容となるようだ。


wk_110613age58.jpg 「細かいことはいい。面白ければいい。そういうノリでやっていけたらいい。ガンダムという御輿を担いでほしい」と山口晋氏
wk_110613age59.jpg 「子供の時に見た戦争、親になって見た戦争、おじいちゃんになって見た戦争と、世代や主人公によって戦争の見え方が変わる。戦いをいろんな方向から見られる、深い人間ドラマが描かれる」と日野氏

受け継ぐ意思――「機動戦士ガンダムAGE」

wk_110613age01.jpg フリット・アスノ
幼いながら民間の技術者として軍の整備部に所属し、母から託された「AGEデバイス」の中にあったデータをもとに「ガンダム」と「AGEシステム」を開発する
wk_110613age02.jpg アセム・アスノ
フリットの息子。ストーリーの進行とともに登場
wk_110613age03.jpg キオ・アスノ
アセムの息子であり、フリットの孫。ストーリーの進行とともに登場

ストーリー

 スペースコロニーへの移民が始まって数百年が過ぎた宇宙時代。地球圏の覇権をめぐる戦争は終わり、平和な時代が到来するかに思われた。しかし、その平和は突如出現した正体不明の敵によって、はかなくも崩れ去った――。

 A.G.101年(Advanced Generation)――。突如、出現した正体不明の敵「UE(Unknown Enemy=アンノウン・エネミー)」によって、スペースコロニー「エンジェル」が攻撃を受け、崩壊した。多くの犠牲を出したこの大惨事は後に「天使の落日」と呼ばれた。その後も、UEは、地球圏に住む人々を、長きにわたり苦しめることになるのである。

A.G.108年――。UEとの地球連邦との戦いは未だ続いていた。コロニー「オーヴァン」に住む7歳の少年フリット・アスノは、UEの襲撃を受けて、大切な母を失う。母の死に際、彼はアスノ家に代々伝わるメモリーユニット「AGEデバイス」を母から託される。そして、その中に隠されていた設計図をもとに、救世主と呼ばれたモビルスーツ「ガンダム」の開発に取りかかることになる。

 A.G.115年――。14歳になったフリットは、機体を自己進化させる仕組み「AGEシステム」を搭載した、新鋭モビルスーツ「ガンダム」の開発に成功し、母を奪った敵、UEとの戦いに身を投じていくことになる。


wk_110613age04.jpg ガンダムAGE-1 ノーマル
wk_110613age05.jpg ガンダムAGE-1 タイタス
wk_110613age06.jpg ガンダムAGE-1 スパロー

wk_110613age09.jpgwk_110613age10.jpg 正体不明の敵・ガフラン
wk_110613age11.jpg 量産型MS ジェノアス

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事