ニュース
» 2011年06月15日 19時59分 UPDATE

昼も夜も節電に便利――ダイキン工業、エアコン用コントローラー2種類を発売

ダイキンは、同社のエアコン向けに昼間の節電を目指すコントローラー「ミハリモ」と、夜の睡眠パターンに合わせてエアコンを調節する「soine」の2種類を発売。両方活用すれば、節電効果アップのうえ夜の睡眠もバッチリ!

[ITmedia]

 ダイキン工業は、エアコンの節電をサポートする節電応援コントローラー「ミハリモ」を7月15日より発売する。また、あわせて睡眠時専用コントローラー「soine(ソイネ)」を6月14日より同社の直販サイト「ダイキンの考えるお店」で販売する。

 「ミハリモ」は、1997年以降の同社エアコンモデルで使用可能な節電コントローラーで予めプログラミングされた「おすすめ」「ピークカット」および自由に設定可能な「カスタム」3つの運転コースから、各家庭の生活スタイルに合ったコースを選ぶことができる。「おすすめ」比較的涼しい午前中は設定温度が高めになるなどの設定となっており、使用しない場合とくらべて1日の消費電力量を約12%削減する。また「ピークカット」は設定した時間帯だけ設定温度をプラス2℃にするモードとなっている。本体大画面モニターには1日の設定温度の変化が表示され、節電運転のレベルを確認できるほか、数字コードを専用Webサイトに入力していくことにより、日々の節電効果をWebサイト上で確認できるサービスも実施される。なお、価格は12800円となっており、現在「ダイキンの考えるお店」では2000台限定で先行販売を受け付けている。


tm_201100615_daikin01.jpgtm_201100615_daikin02.jpg 「おすすめ」「ピークカット」の時間帯別温度設定パターン

 また、睡眠時専用コントローラー「soine」は付属のチューブ型「ねるなびセンサー」とエアコンを同期させることにより、眠りに合わせたエアコン設定を行えるようにしたもの。「ねるなびセンサー」が睡眠時に1分に1回ずつ体の動きから眠りのリズムを測定。その情報をエアコンに送ることにより設定温度を調節し、眠りに適した環境をつくり出すほか、最適な温度設定による節電効果も期待できる。2003年以降の同社モデルに対応しており、価格は19800円。


tm_201100615_daikin03.jpgtm_201100615_daikin04.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう