ニュース
» 2011年06月17日 15時15分 UPDATE

「ゲームに興味はない」(byミッツ・マングローブ):デーブ・スペクターさんを起用!――「セブンソウルズ」バニープロデューサー就任式

MMORPG「セブンソウルズ」公式サイトで開催中の企画「たぶんそうです せぶんそうるず」のプロデューサーにデーブ・スペクターさんが就任。その就任式にゲームに興味がないミッツさんが登場し……。

[蒼之スギウラ,ITmedia]

 ネクソンは6月16日、現在オープンβテストを実施しているMMORPG「セブンソウルズ」バニープロデューサーとなった、デーブ・スペクターさんの就任式を、東京渋谷区にある松濤ギャラリーにて開催した。

 「セブンソウルズ」は、「テイルズウィーバー」や「メイプルストーリー」などのオンラインゲームを運営するネクソンのタイトルとしては珍しく「オトナのためのRPG」というキャッチフレーズを打ち出している。

 今回のイベントでは、バニープロデューサーに就任するデーブ・スペクターさんに加えて、なぜか女装タレントのミッツ・マングローブさんも登場。この異色の組み合わせが、一体どんな結果を招くのか。本記事では、そんな混沌に満ち溢れたイベントの様子をお届けする。

バニーガールの「入浴生放送」Xデーは6月26日!

wk_110616ss01.jpg 本キャンペーンのバニープロデューサー、デーブ・スペクター氏

 まずは、「バニープロデューサー」という言葉について説明する必要があるだろう。これは、「セブンソウルズ」の公式サイトにて開催しているキャンペーン「たぶんそうです せぶんそうるず」に関係している。

 「たぶんそうです せぶんそうるず」は、セブンソウルズのアダルティな世界観に合わせて開催された、各種性格をとりそろえた7人のバニーガールが登場する欲望全開のキャンペーンだ。バニーガールに関しての質問(現在は「この中で一番お風呂が好きそうなのは?」)に対して、「たぶんこの子がそうだろう」と感じたバニーガールに投票をする。そして、最も投句票数の多かったバニーガールは、その質問内容に応じて、生放送で応えてくれる。つまり、今回の質問でいえば、生放送での入浴シーンが見られるというわけだ。

 開催期間は8月31日までで、最初の生放送は6月26日に予定されている。バニープロデューサーであるデーブさんは、この先頭に立って、彼女たちをプロデュースする立場となるようだ。


wk_110616ss02.jpgwk_110616ss03.jpgwk_110616ss04.jpgwk_110616ss05.jpg ミホさん、吉田桃子さん、篠原冴美さん、佐山彩香さん

wk_110616ss06.jpgwk_110616ss07.jpgwk_110616ss08.jpg 浜口順子さん、市橋直歩さん、纐纈みさきさん

 簡単なゲーム説明がされた後、バニーガールとデーブ・スペクターさんが登場した。バニーガールを務めるのは、ミホさん、吉田桃子さん、篠原冴美さん、佐山彩香さん、浜口順子さん、市橋直歩さん、纐纈みさきさんの7人。両手に花とはまさにこのことである。

 プロデューサー就任についてデーブさんは、「テレビ番組のプロデュースなんかもやったことがあるんですが、プロデューサーはなにもしないのが仕事なんです」ときっぱり。しかし、キャンペーン期間中にはゲーム内にログインして、ユーザーと交流するイベントを開催すると発表された。しっかりと、プロデューサーとしてのプロモーション活動は行うようだ。

wk_110616ss09.jpg 女装タレントのミッツ・マングローブさん

 デーブさんとバニーガールによるプロモーション説明(実際はほとんどMCが解説していた)が終了すると、バニーガールは退場。入れ替わりに、ミッツ・マングローブさんが登場した。

 入場の際は、「バニープロデューサーに物申す!」という導入で登場したはずのミッツさんだが、MCの質問にはこれといって要領を得ない様子。話を聞いていくと、どうやらあまりゲームをプレイしたことがないようで「バーチャルリアリティに熱を上げるというのはちょっと。私は現実に生きていますので」と、MMORPGのイベントとしてはなかなか言えない、危険な発言を連発する。


wk_110616ss10.jpg まったく関係ない話をしているものの、ふたりは非常に楽しそうだった

 MCも負けじと、現在興味があるものについて聞いてみたり、一攫千金を狙えるゲームシステム「ジャックポット」に絡めて質問したりと、様々な手を尽くしたが、子供の頃の思い出やら恋愛やらと、どうにも脱線しがちになってしまう。唯一「アダルトな世界とは?」という問いかけに対しては「大人になる、ということは、自分の行動の責任を自分で負うことだと思います」と、やっと真面目な返答が。バーのママを経験しているだけあって、こういった話題には興味があったようだ。

 イベントの最後に締めくくりのコメントを求められた際も、「最後までよく分かりませんでした。今後はもっと、真摯に仕事をしたいと思います」と、ミッツさん。どっちとも取れる反省のコメントを残す。デーブさんは「ネクソンがこれだけ大きい会社になったのは理由があります、それは、作ってるゲームが面白いからです。今回の企画も、すごく面白いと思います」とコメント。最後は綺麗に閉まると思いきや、ミッツさんが「こうやって金が回るんだからボロいもんよね」と、またもやかなりアブない発言をしてしまう。彼(彼女?)がゲームに興味を持つ日は遠そうだ……。

wk_110616ss11.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう