新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年06月21日 09時28分 UPDATE

日々是遊戯:マリオやパックマンも登場! 建物の壁を使った、8ビットな「拡張現実」アート

チェコのデザイナーが公開した「8-bit invade」という動画が面白かったので紹介します。ありふれた建物の壁が……。

[池谷勇人,ITmedia]

レトロだけど未来っぽい

 いずれ拡張現実(AR)の技術がもっと進歩すれば、こんなふうに建物の壁や窓に投影して遊べるゲームが出てくるかもしれません。

 こちらの動画「8-bit invader」は、チェコのデザイナー・Pavel Novakさんが先日公開したもの。古い建物の壁面をキャンバスにして、マリオやパックマンといったレトロゲームのキャラクターたちが次々登場する、デジタルな8ビットアートを描いています。

8 bit Invader (maping) from Darkfejzr on Vimeo.



 面白いのは、玄関上にあるポーチや長方形の窓など、建物の形がちゃんと映像に生かされているところ。マリオが窓を叩くとコインが飛び出し、ポーチの上では「スペースインベーダー」の自機が戦闘中。窓と窓の間では、パックマンとモンスターたちが追いかけっこをしていたりもします。なるほど、こういう拡張現実の使い方も面白いですね。

wk_110620hibikore01.jpgwk_110620hibikore02.jpgwk_110620hibikore03.jpg マリオやパックマンのほか、レミングスやボンバーマンなんかも出てきます。窓やポーチを使った演出が楽しいですね

 残念ながらこの「8-bit invader」は、建物の映像に後からCGを貼り付けただけの「AR風」動画ですが、こちらの「UVT mapping」という動画では、ちゃんとプロジェクターを使って、実際に同じ建物の壁に映像を投影しています。映像を見るかぎりでは、どうやらこの建物に入っているお店の5周年記念イベントとして企画されたものみたいですね。確かに、こんなイベントが近くで行われていたら、思わず足を止めて見入ってしまいそうです。

UVT mapping from Darkfejzr on Vimeo.


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!