ニュース
» 2011年07月12日 16時58分 UPDATE

ソニー、新型リチウムイオン二次電池「Nexelion(ネクセリオン)」を開発

ソニーは、ノートPC市場向けに「スズ系アモルファス負極」を採用した、3.5アンペアアワーの高容量リチウムイオン二次電池「Nexelion(ネクセリオン)」を2011年中に発売する。

[ITmedia]

 ソニーは、スズ系アモルファスを負極材料に用いた、3.5アンペアアワーの高容量リチウムイオン二次電池「Nexelion(ネクセリオン)」を開発した。

wk_110712nexelion01.jpg

 今回は、PC向けとして使用される直径18ミリ、長さ65ミリの円筒形サイズで、充電終止電圧4.3ボルト、放電終止電圧2.0ボルトまで範囲を広げることで、3.5アンペアアワーの容量を実現した。2011年中の出荷を目指す。

 ソニーは、2005年に高容量材料である「スズ系アモルファス負極」の開発に成功し、直径14ミリ、長さ43ミリの円筒形サイズで、業界で初めて商品化している。今回、負極粒子形状の最適化を図り、実用性と量産性を高めた材料を採用することで、電池容量の大幅な向上が実現。充電特性が高く、低温特性が良いといった利点が継承されている。

関連キーワード

ソニー | 電池 | リチウムイオン電池


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう