新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年08月01日 09時58分 UPDATE

日々是遊戯:ハマりまくる人続出! 「スペースインベーダーIG」作者の新作「グルーヴコースター」がアツい!

配信開始以来、あちこちで絶賛の声があがっているiPhoneアプリ「GROOVE COASTER(グルーヴコースター)」を紹介。確かにこれはアツい!

[池谷勇人,ITmedia]

レビューでも絶賛の嵐となっています

 iPhone/iPadアプリの「GROOVE COASTER(グルーヴコースター)」が面白い!

 筆者のまわりでも絶賛の嵐。「iPhoneの音ゲーでは最高!」とか、「音ゲーの最高傑作!」なんて声もある。なにを大げさな、と思いながら遊んでみると……なるほどこりゃ楽しい!

 さっそく紹介します!


 ゲーム内容はよくある音ゲー。動画を見ていただければルールやシステムについては一目瞭然でしょう。流れてくる譜面に合わせて画面をタップする、ただそれだけのゲームです。

 ちょっと違うのは、「グルーヴコースター」という名前のとおり、譜面がジェットコースター状になっている点。音譜が流れてくるのを待つんじゃなく、プレイヤー自身が譜面の上を流れていく。目立った特徴と言えばそれくらいなんだけど、これがたまらなく気持ちいい!

 コースはまっすぐだったり、ジグザグだったり、360度ループみたいなのもあったりと起伏に富んでいて、エレクトロなサウンドと相まってプレイヤーの脳みそをぐわんぐわん揺さぶってくれます。さらに画面をタップすることで目の前にぱぁーっと光の花が広がり、視覚・聴覚・触覚をいっぺんに刺激。ほかの刺激が入らないように部屋を暗くして、ヘッドフォン装着で遊べばたちまちトリップできること請け合いです。

wk_110801hibikore01.jpg ジェットコースターのようなレールの上を、プレイヤーは進んでいきます
wk_110801hibikore02.jpg コースはまっすぐだったり、曲がりくねっていたりと、音楽に合わせて様々に変化

 考えてみれば今までの音ゲーって、譜面と背景がバラバラに存在してたんですよね。プレイ中は譜面を凝視しちゃうので、背景はどうしても目に入ってきにくい。だけどこのゲームの場合、譜面がそのまま背景になってて、背景がそのまま譜面にもなってる。実は音ゲーって、音楽よりも映像の方が重要だったんだなあ、ということをあらためて実感させられました。特に「スペースチャンネル5」や「Rez」などが好きだった人にはぜひ遊んでみてほしい作品です。

 余談ですが、本作の開発者は「スペースインベーダー インフィニティジーン」の石田礼輔氏。BGMはもちろん、タイトーのサウンドチーム・ZUNTATAが手がけており、石田氏やZUNTATAのファンにとっても見逃せない作品となっています。8月7日までは特別価格85円にて販売中(以降は250円にて販売予定)なので、興味がある人はぜひダウンロードして遊んでみてください。

wk_110801hibikore03.jpg サビ突入とともにぐるぐる回りながら急降下! 思わずお尻の穴がキュッとなります
wk_110801hibikore04.jpg 収録曲は16曲+αとかなり豊富。遊び足りない人向けに、追加楽曲も販売されています

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む

FEATURES

icon

「美少女戦士セーラームーン」と「PEACH JOHN」のコラボ商品は9月19日から予約受け付けがスタートします。

icon

約6キログラムの塊肉を約6時間かけて仕上げ、同時刻に来店したみんなでシェアして楽しむ。そんな新システムが話題のステーキ店へ行き、実際に塊肉を体験してみた。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

オススメ記事