新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年08月24日 15時16分 UPDATE

ブラザー工業がスカウターっぽいメガネ型ディスプレイ「AiRScouter」を事業化

ブラザー工業が、実際の視野にPCの画面などを重ねて表示できるシースルー型ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter」を事業化。ドラゴンボールの「スカウター」のようだ。

[ITmedia]

 まるでドラゴンボールの「スカウター」? ブラザー工業がシースルー型ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter(エアスカウター)」の事業化を発表した。

ah_AiRScouter.jpgah_air2.jpg

 「AiRScouter」はメガネ型ディスプレイで、光源部に高精細の液晶パネルを採用し、光源部からの画像をハーフミラーで反射させて目に投射する。これにより、目の前に半透明のディスプレイがあるかのような感覚で、実際の視野に重ねて、PCなどから出力された画面を見ることができるという。

 1メートル先に16インチのフルカラー画面を見る場合と同様の視認性を実現し、12ポイントの細かい文字まで視認できるという。重さはディスプレイ部分が約64グラムで、メガネフレームなどを含めると全体で約106グラム。

 画面を見ながら両手が使えるため、工場での組み立て作業支援などの用途に適しているという。既にNECの現場業務向けウェアラブルコンピュータ端末「Tele Scouter(テレスカウター)」のディスプレイとして採用が決まっており、今秋より出荷開始する。そのほか産業用途での販売拡大を目指すとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事