ニュース
» 2011年08月25日 09時30分 UPDATE

東芝、ロボット掃除機「Smarbo」を10月発売

東芝が「ルンバ」のようなロボット掃除機「Smarbo」を10月1日に発売する。

[ITmedia]
ah_robo.jpg

 東芝は10月1日から、自走式ロボット掃除機「Smarbo(スマーボ)VC-RB100」を販売する。実売予想価格は9万円前後。

 2個のCPUと38個のセンサー、カメラを搭載し、通過したルートを記憶しながら自動で掃除できる。何度も同じ場所を通過することなく、室内を等間隔で往復するため、2畳程度の広さを約2分で掃除できるという。1回の充電で約100平方メートル(およそ60畳)を掃除可能(運転時間は約90分。電気代は2円程度)。掃除が終わると自動で専用充電台に戻る。

 障害物センサーや段差センサーにより室内の障害物を避け、壁への衝突や階段・段差からの落下なども防止できる。赤外線信号で本体の動きを制御するバーチャルガードも2機付属し、植木や家具などに近づかないよう「仮想フェンス」も設けられる。

 お掃除モードは、室内を等間隔で往復する「自動」、開始位置から約1.5メートルの範囲を掃除する「スポット」、室内を異なる方向から等間隔で往復する「念入り」、リモコンで操作する「手動」の4つ。壁や家具の際まで掃除できる「かべぎわ」機能や設定した時刻に自動で運転する機能もあり、付属のモップを使って拭き掃除もできる。

関連キーワード

ロボット | 白物家電 | 掃除機 | ルンバ | 東芝


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!