ニュース
» 2011年08月25日 15時00分 UPDATE

グリー、「東京ゲームショウ2011」に初出展

ソーシャルゲームが引き起こすパラダイムシフトをテーマに大規模なブースを展開する。

[ITmedia]

 9月15日から18日までの期間、千葉県・幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2011」において、グリーが最大級のブースを出展する。

 ブースではグリーが提供するソーシャルゲームタイトルの試遊をはじめ、セッションなどを予定。「探検ドリランド」や「釣り★スタ」、「踊り子クリノッペ」など、グリーが開発・運営するソーシャルゲーム10タイトルの他、「ドラゴンコレクション」(コナミデジタルエンタテインメント)、「バイオハザード アウトブレイク サバイヴ」(カプコン)、「100万人の三國志」(コーエーテクモゲームス)、「龍が如くモバイル for GREE」(セガ)などが出展する。

 また、9月15日午後0時10分から午後1時まで開催される「TGSフォーラム2011」において、グリー代表取締役社長 田中良和氏の「ソーシャルゲームが巻き起こすパラダイムシフト(仮)」と題した基調講演も予定している。スマートフォンの爆発的普及により、グローバルにプラットフォームが拡大していくなかでのソーシャルゲームの可能性と、グリーの今後の戦略について語る。場所は幕張メッセ展示ホール8「イベントステージ」。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう