新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年08月25日 22時03分 UPDATE

プレイアブル出展多数! 明かされたTGS2011 KONAMIブースの詳細を一挙発表

KONAMI本社にて開催されたプレスカンファレンス。今年の東京ゲームショウ KONAMIブースにおける出展内容が発表された。出展タイトル数はなんと、34タイトルに上る。

[蒼之スギウラ,ITmedia]

 8月25日、東京ミッドタウンイーストのKONAMI本社にて、プレス向けのカンファレンスが行われた。発表されたのは、今年の9月15日より開催される東京ゲームショウ2011(以下、TGS2011)に出展するタイトルと、出展内容の公開だ。

wk_110825konami01.jpgwk_110825konami02.jpg

 今年のKONAMIブースでは、今年発売される完全新規タイトルを含めた全34本が出展される。出展が決定したタイトルは以下の通り。その一部は、記事の後半で紹介しているので、さらに詳細な情報が見たい方は、そちらを参照していただきたい。

出展タイトル一覧プラットフォームジャンル発売日/配信日出展内容
蒼の英雄 Birds Of SteelPS3/Xbox 360フライトシミュレーター未定プレイアブル
ASPHALT:INJECTION (アスファルト:インジェクション) PlayStation Vitaレースゲーム未定未定
ウイニングイレブン プレーメーカー 2012Wiiサッカー2011年11月3日映像
AR コンバットデジQ PlayStation Vitaシミュレーション未定未定
MLB? ボブルヘッド!PS3野球2011年9月29日プレイアブル
王と魔王と7人の姫君たち 〜新・王様物語〜 PlayStation Vita王道ファンタジーRPG未定未定
サイレントヒル HDエディションPS3ホラーアドベンチャー未定映像
サイレントヒル ダウンプアPS3ホラーアドベンチャー未定プレイアブル
戦律のストラタスPSPドラマチック・殲滅アクション2011年10月27日プレイアブル/ステージ
ドラゴンコレクション †i-mode/EZweb/Yahoo!ケータイ/Android / iOSソーシャルアプリ/カードゲーム 配信中プレイアブル(GREEブース)
とんがりボウシとおしゃれな魔法使い ※ニンテンドーDSコミュニケーション2011年冬プレイアブル
NEWラブプラスニンテンドー3DSコミュニケーション2011年秋プレイアブル
ネバーデッドPS3/Xbox 360サードパーソン・シューティング/アクション今冬プレイアブル/ステージ
BLADES of TIMEPS3/Xbox 360アクションアドベンチャー未定プレイアブル
プロ野球ドリームナイン †i-mode/EZweb/Yahoo!ケータイソーシャルアプリ/プロ野球カードゲーム配信中映像(GREEブース)
フロンティアゲートPSPロールプレイング2011年予定プレイアブル/ステージ
ペンギンの問題 ザ・ウォーズ ※ニンテンドー3DSバトルライフコミュニケーション2011年12月プレイアブル
ポップンミュージック ポータブル2PSP音楽シミュレーション未定プレイアブル/ステージ
麻雀格闘倶楽部 新生・全国対戦版PlayStation Vita麻雀未定未定
メタルギア ソリッド HDエディションPS3/Xbox 360タクティカル エピオナージアクション2011年11月プレイアブル/ステージ
メタルギア ソリッド スネークイーター 3Dニンテンドー3DSタクティカル エピオナージアクション今冬プレイアブル/ステージ
メタルギア ソリッド ピースウォーカーHDエディションPS3/Xbox 360タクティカル エピオナージ オペレーション2011年11月プレイアブル/ステージ
ラビリンスの彼方ニンテンドー3DSロールプレイング未定プレイアブル
リードミーズXbox Live Arcade - Kinectパズルアクション2011年9月7日(配信開始)映像
ワールドサッカー ウイニングイレブン 2012PS3サッカー2011年10月6日プレイアブル
ワールドサッカー ウイニングイレブン 2012PSPサッカー2011年11月3日映像

出展タイトル一覧(KONAMI流通タイトル)プラットフォームジャンル発売日/配信日出展内容
ウォーハンマー40,000 : スペースマリーンPS3/Xbox 360サードパーソン・シューティング2011年10月27日サイバーフロント
うたの☆プリンスさまっ♪DebutPSPそれが愛というなら共に奏でようADV今冬 ブロッコリー
うたの☆プリンスさまっ♪MUSICPSP恋のドキドキをハートで刻むリズムアクション2011年11月24日ブロッコリー
英雄伝説 碧の軌跡PSPロールプレイング2011年9月29日日本ファルコム
code_18PSPアドベンチャー2011年9月29日サイバーフロント
たんていぶ THE DETECTIVE CLUB -暗号と密室と怪人と-PSP学園探偵アドベンチャー2011年9月29日BOOST ON
次の犠牲者をオシラセシマス -君とこの果てることない暗闇を-PSPクローズドサークルサスペンスアドベンチャー2011年10月6日BOOST ON
白衣性恋愛症候群PSP白衣ガールズアドベンチャー2011年9月29日サイバーフロント
白銀のカルと蒼空の女王PSPアドベンチャー2011年10月13日サイバーフロント
花と乙女に祝福を -春風の贈り物- portable PSP女装男子学園潜入ADV2011年10月27日BOOST ON
Bullet Butlers(バレットバトラーズ) -銃弾の彼方-PSP銃と魔法と執事と主のファンタジーADV2011年11月24日BOOST ON
龍刻PSP伝奇恋愛ノベル2011年10月13日サイバーフロント

出展各タイトルの詳細発表。プレイアブル出展多し! 全部遊びつくせるかな?

wk_110825konami03.jpg コナミデジタルエンタテインメントの向峠慎吾氏

 ここから先は、上に挙げた出展タイトルの中から、ゲームショウや今後の展開についての発言、新たな情報が公開されたものを取り上げて紹介してゆく。この紹介を担当したのは、今回名の挙がっている中で「戦律のストラタス」や「ラビリンスの彼方」でプロデューサーを務める、コナミデジタルエンタテインメントの向峠慎吾氏。


「フロンティアゲート」

 最初に紹介されたのはトライエースが開発を行う完全新規タイトル「フロンティアゲート」。15人のキャラクターの中からパートナーを1人選択し、それによって15通りの全く違ったストーリーが楽しめるというRPG。プレイヤーは新米の「開拓者」となり、未開の地を探索してゆく。

 ターン制のRPGでありながら、最大3人(6キャラクター)でのマルチプレイに対応しており、幅広い楽しみ方のできるゲームとなっている。

wk_110825konami04.jpgwk_110825konami05.jpg アクションゲームのような臨場感と、ターン制RPGの持つ戦略性が、見事に一体化している

wk_110825konami06.jpg

 TGS2011では、一部の体験プレイが出来るほか、2日間のステージを予定している。また、TGS2011開催日である15日より、PSNでの体験版配信も予定しているとのこと。

 この体験版は、プレイデータが製品版に引き継げるほか、特典アイテムも入手できる豪華仕様となっている。当然ダウンロードは無料なので、TGS2011に行けずとも、気になる方はチェックしてみよう。


「戦律のストラタス」

 続いては、ヌードメーカーの河野一二三氏がシナリオとディレクションを務める「戦律のストラタス」が紹介された。

 滅亡の縁に立たされた人類を守るため、各章ごとに出現する巨大な敵“特異点”に立ち向かう「ドラマチック・殲滅アクション」。オープニングとエンディング、次回予告が章の間に挿入され、徹底的に連続アニメを意識した作りにっている。

wk_110825konami07.jpgwk_110825konami08.jpg 戦闘時に挿入されるアニメーションや、巨大な異形“特異点”など、演出に非常に力が入っている

wk_110825konami09.jpg

 出展内容は、第1章が遊べる試遊台と、初日のステージ。それと同じ15日には、公式サイトにてゲーム本編の始まる3年前のストーリー「零話」が描かれるラジオドラマが、6週連続で更新されるとのこと。

 本編に繋がるストーリーが分かるという、数少ない機会なので、本作を気に止めていた人は聞いておくと、より深く作品を楽しめるだろう。。


「NeverDead」

 こちらはプレイステーション 3/Xbox360で発売される予定のTPS。「死なねーんだから、メチャクチャやろーぜ。」を合言葉に、腕がもげても頭だけになっても死なない、不死身の男「ブライス」を操り、デモン(悪魔)をひねり潰す。

wk_110825konami10.jpgwk_110825konami11.jpg ちょっと刺激の強いゲーム画面。ぶっ飛んだ設定通り、頭を爆弾としてぶん投げたりと、やることもぶっ飛んでいる

wk_110825konami12.jpg フランスから中継をつないで、本作の脚本、ゲームデザイン、プロデュースを務めた野尻真太氏も登場。TGS2011では本作をプレイアブルで出展するを約束してくれた

 今だ不明な点が多い本作だが、TGS2011ではプレイアブル出展が約束された。さらに、ステージでは初公開の新PVを流す用意しているとのことなので、期待して待とう。


「NEW ラブプラス」

wk_110825konami28.jpg 開場に展示されていた、NEW ラブプラスの3DS同梱版の実機。加工が綺麗で、持っているだけで自慢できるだろう。全国のカレシたちは予約に急げ!

 そして次は、おまちかねのタイトル。全国に大量の“カレシ”を生み出した「ラブプラス」の正式な後継作「NEW ラブプラス」。

 ジャイロセンサーや、顔の認識機能という、およそ恋愛ゲームで必要なさそうな機能を、様々な角度からカノジョを撮影できる「カノジョ撮影」や、カレシの顔を覚えて判別する「カレシロック」というシステムに利用し、見事に全国のカレシの心をつかむ「コミュニケーション」へと進化させた作品。


wk_110825konami13.jpgwk_110825konami14.jpgwk_110825konami15.jpg

※画面は開発中のものです。※画面写真は、2D表示のものです。ニンテンドー3DSの3D映像は、同本体でしか見ることができません。
wk_110825konami16.jpg

 本作シニアプロデューサーの内田明理氏が登場し、ニンテンドー3DS同梱版である「ニンテンドー3DS NEWリンコデラックス」、「ニンテンドー3DS NEWマナカデラックス」、「ニンテンドー3DS NEWネネデラックス」の発売をアピール。ちなみにこれらは、KONAMIの通販サイト「コナミスタイル」限定商品で、数量限定の抽選販売となっている。

 TGS2011のコナミブースではプレイアブルでの出展となるので、カレシたち一同はぜひ、カノジョに会いに行っていただきたい。


「メタルギア」シリーズ

wk_110825konami17.jpg 試遊を行うと、限定デザインのうちわが入手できる

 来年をもって25周年を迎える「メタルギア」シリーズは、今年よりさらに力を注いでいくようだ。紹介されたタイトルは「METAL GEAR SOLID HD Edition」、「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER HD Edition」、そして「「METAL GEAR SOLID SNALE EATER 3D」の3つだ。

 「METAL GEAR SOLID HD Edition」は、プレイアブルでの出展となり、シリーズ全般を扱うステージイベントも行うとのこと。PS VitaとPS3による「トランスファリング」構想のが発表され、このTGS2011でその一端がお目見えする形となる。

「WorldSoccer Winning Eleven 2012」

 最後となるのは、人気サッカーゲームの代名詞「WorldSoccer Winning Eleven 2012」の紹介。パッケージには香川真司選手を採用して、「今こそ、日本人力(ジャパンパワー)」を合言葉に、プロモーション活動を行っている。

wk_110825konami18.jpgwk_110825konami19.jpg

wk_110825konami20.jpgwk_110825konami21.jpg 次の吉田はどんな手でこっちをイライラさせてくれるのか。何かがおかしい気もするが、楽しみだ

 妙にイライラするけどなんだか嫌いになれない男「吉田」のCMも引き続き展開中。公式サイトにて、吉田にどんなゴールポーズをさせるかを募集中だ。吉田ファンの方(が、いるかどうかは別として)は、ぜひとも投稿してみよう。

当日限定! 出張コナミスタイルオープン

 こういったタイトルに加え、KONAMIブースでは、出張版のコナミスタイルがオープンする。扱われる商品は、メタルギアシリーズのグッズを中心に、ここでしか入手できない限定品が多く用意されている。

wk_110825konami22.jpgwk_110825konami23.jpg

wk_110825konami24.jpgwk_110825konami25.jpg 当日限定で販売される商品。メタルギアだけでなく、カッコ良すぎるZ.O.Eのクリアファイルも!

 「どうしても欲しい!」という人は、六本木のKONAMI本社の近くにある、コナミスタイル東京ミッドタウン店にて買い物をしよう。合計3000円以上の買い物をすると、TGS2011のコナミスタイル出張店舗にて、優先的に商品を購入できる「商品優先購入PASS」がもらえる。

 個人的には、1500円近くの設定資料集や、1000円台のグッズ、3000円以上のフィギュア(武装神姫シリーズなど)を購入すると、丁度良く3000円を超える買い物ができるのでオススメだ。

wk_110825konami26.jpg コナミデジタルエンタテインメントの古川慎一氏

 そして全ての発表が終了し、コナミデジタルエンタテインメントの古川慎一氏による「今年のブーステーマは“Share your Experience”です。リアルタイムでtwitterやフェイスブックを活用していただき、情報を友人とShare(共有)して楽しんでいただきたいと考えております。今年のKONAMIに、ぜひご期待ください」という言葉を持って、閉会の運びとなった。


wk_110825konami27.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事