ニュース
» 2011年09月02日 19時01分 UPDATE

脈の乱れもチェック――タニタ、家庭用のデジタル血圧計3モデルを9月1日より発売

心臓病で起きる頻脈、心房細動なども脈の乱れからチェックできる血圧計3モデルが、タニタから発売される。

[ITmedia]

 タニタは、家庭用のデジタル血圧計3モデルを9月1日より販売を開始した。

 今回発売されるのは、上腕式の「BP-221」「BP-220」と手首式の「BP-210」で、いずれの機種も心疾患の予防にとって重要な要素である、脈の乱れを検知できる機能を搭載。脈拍のリズム差と頻度を測定し、正常時のパターンと頻脈・除脈・心房細動・期外収縮時のパターンとを照らし合わせることによって、脈の乱れをチェックし表示します。また、「BP-221」「BP-220」では、測定したデータをWHOの血圧分類に基づき6段階で表示する。さらに「BP-221」には、2人分の測定結果を各99回分記録できるほか、連続して血圧測定ができる機能も用意される。

 なお、価格はいずれの機種もオープンプライスとなっている。


tm_201100902_tanita01.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう