ニュース
» 2011年09月13日 23時20分 UPDATE

ニンテンドー3DSカンファレンス 2011:グライダーでビューン! 今度の「マリオカート」は空も飛んじゃうんだぜ

コイン! グライダー! カスタマイズ! いつもどおりだけどちょっと新しい「マリオカート」を遊んでみました。

[池谷勇人,ITmedia]
画像

「ニンテンドー3DSカンファレンス 2011」終了後の体験会では、おなじみ「マリオカート」シリーズの最新作「マリオカート7」もプレイすることができた。

 ゲーム内容はいつもの「マリオカート」。これまでになかった要素としては、キャラクター選択後、車体やタイヤ、オプションなどを選択し、カートをカスタマイズできるのが大きな特徴。今回は普通のセッティングでプレイしたが、例えば小さいタイヤを選択すれば小回りがきくようになり、逆に大きいタイヤを選べば、スピードがやや落ちるかわりにオフロードに強くなる――といった効果があるとのこと。Wii版では、同じキャラクターでも乗るカートによって性能が変わったが、それをさらに細かくした印象だ。

 そのほかにも、大ジャンプ後にグライダーで空を飛ぶ要素が加わった。滑空中はスライドパッドで上下左右にカートを動かすことができ、うまく操作すればより長く滑空することも可能。また初代「マリオカート」のように、コース中に散らばったコインを集めることで、わずかではあるが最高速度がアップするといった要素もあり、「コインの奪い合い」という、これまでになかった駆け引きも楽しめそうだ。

 個人的に感動したのはグラフィックの美しさ。解像度こそ劣るものの、パッと見の印象は「マリオカートWii」に近く、立体視オンでも常時60フレームでヌルヌル動く様子は見ていて気持ちがいい。今回は残念ながら1人用しか体験できなかったが、Wi-Fiによるローカル対戦はもちろん、最大8人によるインターネット対戦や、またフレンドリストから友達のレースに直接合流もできるなど、今作ではネットワークまわりにもかなり力を入れているそうなのでそちらにも期待したい。


画像画像画像

画像画像画像

画像画像画像

(C) 2011 Nintendo


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう