新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年09月16日 14時25分 UPDATE

TGS2011:デカイ! 使いやすい! でもやっぱりデカい! カプコンブースで「拡張スライドパッド」を触ってみた

「モンスターハンター3(トライ)G」と同時発売予定の「ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッド」。さて、使い心地は?

[池谷勇人,ITmedia]

 TGS 2011のカプコンブースでは、ニンテンドー3DSにスライドパッドおよびボタンを追加することができるアタッチメント「ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッド」も展示されていた。

 実際に触ってみた印象を簡単にまとめると、「意外に軽い」「操作感、グリップ感は格段に良くなる」「見た目&携帯性はやや残念」といったところ。まず重さについては、見た目の印象があまりにもゴツいこともあって、手にとってみると思いのほか軽く感じる。考えてみれば、素材のほとんどはプラスチックなのだから当然と言えば当然だ。

画像 今回展示あれていたのはわずか2台。残念ながらソフトは挿入されていない状態だった
画像 取り外しは簡単で、凹みの部分に本体をカポッとはめこむだけ。普段は取り外して持ち歩くのもアリだろう

 また操作感やグリップ感については、個人的にはアタッチメントなしの状態よりも、アタッチメントありの状態の方が格段に持ちやすくなっていると感じた。追加されたスライドパッドやボタンも押しやすく、後から付けたような不自然さはまったくない。本体が右に出っ張ることで、既存のABXYボタンが内側に押しやられた格好になっているが、これも今までどおり押すことができた。

画像画像画像 スライドパッド、ボタン、タッチスクリーンにそれぞれ指を置いたところ。ボタンはまったく問題なし。人によっては、タッチスクリーンはちょっと遠く感じるかもしれない

 ――と、機能だけに目を向ければ、かなりがんばっている印象のある本製品だが、問題はやはりその見た目と大きさだろう。左右方向の出っ張りも気になるが、アタッチメントを装着した状態では本体の厚みが2倍以上になってしまうため、とてもズボンのポケットなどには入らない。カバンの中に入れるとしても、相当な存在感を放つことは間違いないだろう。見た目についても、せめてもう少し3DSとの統一感を考えてほしかった、というのが正直なところだ。

画像 アタッチメント装着後の左スライドパッド周辺。せめてもう少しデザインに統一感があれば……
画像 本体右側はどうしても大きく出っ張ってしまう。ただ、見た目とは裏腹に、スライドパッドもボタンも非常に使いやすい

画像 左背面。既存のLボタンに加えて、新たにZLボタンが追加されている
画像 右背面。Rボタン、ZRボタンが新しく追加される。押した感覚はPS2コントローラのR1R2ボタンに近い

 ということで、デカい! でも使いやすい! でもやっぱりデカいい! と、なかなか評価が分かれそうな「ニンテンドー3DS専用拡張スライドパッド」。TGS期間中、カプコンブースでは実際に触ってみることもできるので、購入を迷っている人はぜひ触ってみるといいだろう。

画像 残念ながら今回は「モンスターハンター3(トライ)G」での体験はなし。用意できた台数が非常に少なかったため、試遊台の方はアタッチメントなしで統一したのだそうだ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事