ニュース
» 2011年09月16日 16時01分 UPDATE

TGS2011:【PS Vita体験リポート】地獄の沙汰もゴブリン次第? 「地獄の軍団」

なんともきな臭いタイトルで注目度が高い、スクウェア・エニックスのPS Vita用ソフト「地獄の軍団」を遊んでみた。

[仗桐安,ITmedia]

 スクウェア・エニックスが放つPS Vitaロンチタイトル「地獄の軍団」は、そのまんま“軍団アクション”というジャンルのゲーム。新しいハードで新しい荒野を切り拓く軍団アクションって何だ?

画像 魔王となりて地獄を逝け!

 プレイヤーは地獄の軍団の長である魔王として、大勢のゴブリンを引き連れて地獄を突き進む。下僕であるゴブリンは○ボタンで剣を、△ボタンで槍を、□ボタンで魔法を使うようになり、大まかにはこの3つの兵種を切り替えながら地獄のモンスターたちと戦うことになる。

画像 ゴブリンの兵種はボタンひとつで瞬時に切り替えることができる。相手や状況に合わせた兵種の切り替えが戦略の肝なのだろう

 左スティックで移動、右スティックで視点移動というオーソドックスな3Dアクションの操作方法だが、特に複雑なアクションが必要なわけではなく、どちらかというとRTS(リアルタイムストラテジー)的なゲームシステム。そして世界観はまさに“地獄”。グロテスクなビジュアルのモンスターを大勢のゴブリンでやっつけると、さらにグロテスクに血しぶきが舞い、モンスターの無残な姿がその場に残る。かなりアクの強い雰囲気を持つゲームだ。

 モンスターを倒した際に何かの素材が手に入ることもあり、やり込み要素にも期待ができる。モンスターを倒すために味方のゴブリンもざくざくと倒れていくのだが、途中で捕まっていたゴブリンを救出して兵を補充することができ、さらに先に進めるようになっている。最初は目玉のお化けのようなモンスターしかいなかったが、エリアが進むごとに敵モンスターの種類も増えていった。また、グラフィックはさすがPS Vita、かなり美麗に仕上がっている。

 独特のダークな世界観ととっつきやすい操作システムが楽しい、期待の新機軸タイトルだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう