ニュース
» 2011年09月16日 16時57分 UPDATE

TGS2011:【PS Vita体験リポート】据え置き機と遜色がないとは……「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」

カンファレンスで発表されたPS Vita版「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」がさっそくプレイアブル出展している。

[仗桐安,ITmedia]

 11月17日にPS3とXbox 360で発売される「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」が、ちょうど1カ月後の12月17日にPS Vitaのローンチタイトルとして登場する。

 実際に本作をプレイアブルコーナーでプレイしてみて、据え置き型ハードの新作が1カ月後に携帯型ゲーム機で出る、ということに改めて驚かされた。今までの感覚なら据え置き型のゲームを携帯型のゲームとして移植する場合は何らかの劣化やシステムを変えるなどの配慮があったはずだが、本作の場合、少なくとも筆者がプレイしてみた感じでは据え置き型の「MARVEL VS. CAPCOM 3」と比べて全く遜色がなかった。

 PS Vitaならではのタッチ要素やジャイロセンサー要素などは現時点では全く確認できず、ベタ移植と言っていいのだが、そのベタ移植ができてしまっていること自体がすごい。もちろん据え置き型ハードのようにアーケードスティックをつなげてプレイすることはできないので、こだわりのアーケードプレイヤーにはちと厳しいかもしれないが、それでもこのクオリティの格闘ゲームが持ち歩ける時代になったのだなと、単純にそのことに感心してしまう。これからは据え置き型と携帯型で普通にマルチプラットフォームのゲームが増えるのではないだろうか。PS Vitaのポテンシャルが楽しみだ。

画像 カプコンとマーヴルのヒーローたちが集結

画像 多彩な必殺技で攻めまくれ!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう