新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年09月16日 20時20分 UPDATE

日々是遊戯:TGSを見て何を思った? みんなで好きなメッセージを書き込む「かえり道のアートスペース」が面白い

「ゲームで日本を元気に」をテーマに、来場者が東京ゲームショウで感じたことをカードに書き残していく「かえり道のアートスペース」。中には有名クリエイターのカードも!

[池谷勇人,ITmedia]

 ゲームショウを1日楽しんだら、帰りぎわにはぜひ「かえり道のアートスペース」コーナーに立ち寄ってみてください。

 「かえり道のアートスペース」は、来場者が東京ゲームショウに参加し、何を感じ、何を思ったかを1枚のカードに書き残していくコーナー。他の人のカードを見ながらゲームショウを振り返るもよし、自分だけの思い出をカードに書き残していくもよし。集まったカードはコーナー内の壁に貼り出され、全員のカードが集まることで、ひとつの壮大なウォール・アートを創りだすという仕組みです。

画像画像 壁に貼りだされた来場者のメッセージカード。まだ2日目ですが、これからもっと増えていくはず

 さらにこの「かえり道のアートスペース」には「ネビュラ・アート」と呼ばれるもうひとつの仕掛けも。書いたカードをその場でスキャンしてもらい、いくつかの質問に答えることで、自分がどんな人と、どのようにつながっているかをスクリーンで見られる仕組み。他の人はゲームショウを見てどこに反応したのか、自分はどんな人と趣味嗜好が近いのかなど、他のカードとのつながりが視覚化されることで、また違った気づきや発見が得られるかもしれません。

画像画像 ブース内のPCでカードをスキャンすると、自分が他の人とどのようにつながっているかが見られます

 「ストリートファイター×鉄拳」の小野プロデューサーに、「ゲームセンターCX」の有野課長、「逆転裁判」シリーズの巧舟氏など、有名人や有名クリエイターのカードが貼りだされているのも見どころのひとつ。有名クリエイターのカードを探してみるもよし、自分でカードを書いてネビュラ・アートに参加してみるもよし。TGSの思い出をぜひ、「かえり道のアートスペース」で締めくくってみてはいかがでしょうか。

画像画像

画像画像 クリエイターによる作品の一部。それぞれ誰のカードか分かりますか?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事