新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年10月06日 18時24分 UPDATE

これがマーベラスAQLの初陣を飾る作品たちだ! サプライズもあるよ!――マーベラスAQL 新タイトル制作発表会 (1/3)

10月に合併が決定し、社名が変更となったマーベラスAQL。変更後のタイトル群第一陣がついに発表された。稲船敬二氏らが所属する「スーパークリエイターズ」の新たな動きも確認!?

[蒼之スギウラ,ITmedia]
画像

 マーベラスAQLは10月5日、東京六本木のホテルオークラ東京にて、新作タイトルの発表イベントを開催した。

 マーベラスAQLは、今年の10月にマーベラスエンターテイメントとAQインタラクティブ、ライブウェアの3社が合併して誕生した企業。ミュージカル「テニスの王子様」シリーズを始めとする演劇や、音楽、映像関連事業にも広く関わっており、ゲーム産業以外のエンターテイメント全般の分野で活躍している。

 新タイトルの開発に参加しているクリエイターは、「ロックマン」の稲船敬二氏や、初代「モンスターハンター」のプロデューサーである船水紀孝など、誰もが知る有名な人物ばかり。

 まずは発表されたタイトルを先にお伝えしておく。以降は、各タイトルごとに詳細な内容についてお届けするので、参考にしていただきたい。

ブラウザゲーム

  • 「剣と魔法のログレス」開発:マーベラスAQL、アイミング
  • 「NINJA NATION」開発:マーベラスAQL、モンスター9
  • 「ブラウザヱヴァンゲリヲン 新劇場版(仮)」開発:マーベラスAQL

スマートフォン

  • 「バディ モンスター(仮)」開発:マーベラスAQL、プロペ
  • 「ノーモア★ヒーローズ for モバゲー(仮題)」開発:マーベラスAQL、グラスホッパーマニュファクチュア
  • 「コンボキマール(仮題)」開発:マーベラスAQL、クラフト&マイスター

ニンテンドー3DS

  • 「牧場物語 はじまりの大地」開発:マーベラスAQL
  • 「海王」開発:マーベラスAQL、comcept、intercept

PlayStation Vita

  • 「ブラウザ三国志 NEXT」開発:マーベラスAQL

ブラウザゲームの常識を覆す、ハイクオリティな作品を紹介!

画像 マーベラスAQL代表取締役社長の、許田周一氏

 ここからは、イベントで紹介された各タイトルの詳細についてを掲載してゆく。中にはいまだ開発途上で、情報があまり明かされていない作品もあるが、今後に注目する意味でも見ておくと良いだろう。

 イベントの開始を告げたのは、マーベラスAQL代表取締役社長である許田周一氏。許田氏はまず「一時でも早く作品を知っていただきたいので、細かい説明は抜きにして話を進めましょう」と前置きし、今回の発表イベントで紹介される作品については「各作品はすべて、合併決定後に企画されたものです。このラインアップを実現できたのは、パートナー企業のみなさまのおかげだと考えております」と発言。最後に、ゲーム業界全体に対する激励の言葉を持って、降壇した。


「剣と魔法のログレス」

画像 マーベラスAQL取締役副社長 執行役員兼オンライン事業部長の照井知基氏
画像 執行役員兼オンライン事業部副事業部長兼業務部長兼制作部長の西村達也氏

 トップバッターを務めたのは、新作ブラウザゲームの「剣と魔法のログレス」。紹介するのはマーベラスAQL取締役副社長であり、オンライン事業部長でもある照井知基氏と、同じくオンライン事業部の副事業部長を務める西村達也氏。

画像画像 キャラクターデザインには、ライトノベルの挿絵などで活躍する、うき氏を起用している

 「剣と魔法のログレス」は、インストール不要のブラウザゲームでありながら、演出はもとより、転職や合成といったゲームシステムの面でも高いクオリティを持つMMORPG。西村氏は「ブラウザゲーム史上最高額の開発資金を突っ込んだ、と言えるくらいに力を入れて開発しました」と、本作に対する力の入れ具合をアピールした。

 今回の発表と同タイミングの10月5日から、Yahoo! Mobage、およびMooG Gamesにてサービスがスタートしているので、興味のある方はチェックしてみると良いだろう。

画像画像

「NINJA NATION」

画像 モンスター・ナイン、代表取締役CEOの樋口潮氏
画像 TBS、テレビメディアビジネス局 デジタルビジネス推進部長の杉田謙二氏

 「NINJA NATION」は、TBSの人気番組「SASUKE」をモチーフにしたソーシャルアプリ。このタイトルを紹介するのは。元「SASUKE」プロデューサーであり、現在はモンスター・ナインの代表取締役CEOを務める樋口潮氏と、TBSの杉田謙二氏。

画像

 ジャンルは、障害物をクリアしてゆくアクションゲーム。プレイヤーは自分のキャラクターを育て上げ、各国にあるコースをクリアしてゆく。さらにオンライン要素として、ランキング機能のほか、オリジナルコースの作成、公開などが行えるとのこと。

 樋口氏は「SASUKEは日本だけならず、海外153地域で放送され“NINJA WARRIOR”の名で親しまれてきました。本作も、ランキングやステージの配信は、世界中の相手と楽しめるように、サービス地域はかなり広くカバーしています」と発言。世界ランキングやチャンピオンシップなど、オンライン要素に力が入れられているようだ。


画像

 なお、本作は欧米に向けて、フェイスブック用アプリ(ブラウザゲーム)として開発されている。日本に向けてのサービスについての詳細は語られなかったので、今後の動向に注目だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!