ニュース
» 2011年10月12日 11時16分 UPDATE

PSN、SEN、SOEで“なりすまし” SCEが不正なサインインの試行を報告

PlayStation Network、Sony Entertainment Network、Sony Online Entertainmentのユーザーアカウントへの第三者の“なりすまし”による不正なサインインの試行があったと報告。

[ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは10月12日、PlayStation Network(PSN)、Sony Entertainment Network(SEN)およびSony Online Entertainment LLC(SOE)のサービスにおいて、ユーザーアカウントへの第三者の“なりすまし”による不正なサインインの試行が判明したと報告した。

 今回の不正行為は、米国太平洋夏時間の10月7日から10日にかけて行われ、すでに対策を講じたとのこと。

 なりすましによる不正なサインインが試行されたアカウントのうち、約9万3000アカウントが登録されている現在有効なアカウントと一致しており、利用を一時停止して対応。不正なサインインが試行されたアカウントを持つユーザーに限らず、パスワードの変更を呼び掛けている。

 なお、今回の不正ログインの試行者は、他社のサービスにログインするために使用したとみられている。この不正なサインインの試行はなりすまし行為であり、データサーバーへの不正侵入は確認されておらず、クレジットカード情報の漏えいもないと発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!