ニュース
» 2011年11月08日 20時42分 UPDATE

AV機器をクロゼットに収納しても大丈夫――上海問屋、「赤外線 リモコンベンダー」を11月8日発売

リビングルームで置き場所に困るのが、リモコンが届かないと使えないAV機器。そのリモコン信号を、見えない場所まで中継してくれる「赤外線 リモコンベンダー」が上海問屋から発売される。

[ITmedia]
tm_2011108_irvender01.jpg

 エバーグリーンは、赤外線リモコン用中継器「赤外線 リモコンベンダー」を、11月8日より同社の直販サイト「上海問屋」限定で発売する。価格は1299円。

 「赤外線 リモコンベンダー」は、棚の中などリモコンの信号が直接届かない場所に置いたAV機器へ向け、赤外線リモコンの信号を中継するもの。リビングなどから直接赤外線を受信できる場所にレシーバーを設置し、ベンダー本体までケーブルで接続。さらに、ベンダー本体にケーブル接続したセンダーを使用したいAV機器のリモコン受信部前まで配線し、リモコン操作を可能にする。センダーには3カ所の赤外線ユニットが取り付けられているので、最大3個のAV機器に対応する。電源はUSB給電となっており、テレビ等のUSB端子を利用するほか、別売りUSB/AC変換アダプターを接続して利用することもできる。


tm_2011108_irvender02.jpg 本体
tm_2011108_irvender03.jpg レシーバー
tm_2011108_irvender04.jpg センダー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう