ニュース
» 2011年11月09日 15時41分 UPDATE

いつでも、どこでも、大画面:エプソン、シースルーモバイルビューアー「MOVERIO」を発表

場所を選ばずに、スタンドアローンでどこでもどんな姿勢でも視聴することができる世界初のシースルータイプのモバイルビューアーが登場。11月25日に発売される。

[加藤亘,ITmedia]
画像 ナカジマレーシングの中嶋悟総監督とレースクィーンの丸山えりさんと山田美菜子さんが応援に駆け付けた

 エプソンは、メガネのように装着するシースルーモバイルビューアー“MOVERIO(モベリオ)”「BT-100」を11月25日より発売する。予想市場価格は5万9980円。

 MOVERIOは、映像、音楽、Webコンテンツを楽しむことができるヘッドマウントディスプレイでは、世界初のシースルーモバイルビューアーを実現。手元のコントローラーで操作し、周りの環境を確認しながら、移動中でも大画面を楽しめる。仮想視聴距離20メートルならば320型相当の大きさで映像を見ることができるという。

 プラットフォームにAndroid 2.2を搭載し、無線LANとFlash Player10.3に対応したコントローラーとヘッドマウントディスプレイの2つをつなぎ利用する。HDMIなどの外部映像入力端子は持っていないので、ネット経由で取得したコンテンツか、1Gバイトの内蔵メモリかMicro SDカードにあらかじめ保存した動画ファイルを閲覧することになる。ただし、アンドロイドマーケットには対応していない。

 0.52型の高温ポリシリコンTFT液晶パネルを左右に搭載したヘッドマウントディスプレイは、ミラーで反射させて画像を浮かび上がらせる仕組みで、解像度はそれぞれ960×540ピクセル。左右独立しているゆえに、サイド・バイ・サイド形式の3D動画も再生できる。Dolby Mobileを採用。約6時間のバッテリー駆動を実現している。

 再生可能なフォーマットは、MPEG-4、H.264、AAC、MP3など。外形寸法は、ヘッドセットが205(幅)×178(奥行き)×47(高さ)ミリで重量は240グラム。コントローラー部は、67(幅)×107(高さ)×19(厚さ)ミリで165グラム。1.4メートルのUSBケーブル、ACアダプター、4GバイトのmicroSDカード、メガネフックなどが付属する。

画像画像 1.4メートルのUSBケーブル、ACアダプター、4GバイトのmicroSDカード、メガネフック、キャリングケース、イヤフォン、交換用鼻パッド、取扱説明書が付属する

 新ブランド「MOVERIO」は、「Mover」と「IO」を組み合わせた造語。「Mover」は移動(Move)と映画(Movie)、そしてものを動かす人や原動力、発起人という意味を、また「IO」にはさまざまな場所とパーソナルな自分だけの世界をつなぐインタフェースという意味がこめた。

 販売目標台数については約1万台を予定。プロモーションキャラクターには黒木メイサさんを起用した。MOVERIOが体感してもらってこそ分かる商品ということで、全国の家電量販店を中心に体感環境を準備。現在実施中の3Dプロジェクター1万人体感イベントにも出展している。

 エプソンはMOVERIOによって、トップシェアのプロジェクターと合わせて大画面エンターテインメントの領域を広げていこうとしている。今後はビジネスシーンに適したラインアップも視野に入れている。

画像画像

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!