ニュース
» 2011年11月10日 14時10分 UPDATE

動く人を追跡撮影 iPhoneが自動追跡カメラになる「Swivl」

iPhoneをSwivlにセットするだけで、動く人を自動的に追跡して撮影できるようになる。

[ITmedia]

 iPhoneを自動追跡カメラにするデバイス「Swivl」を、米新興企業Satariiが発表した。159ドルで予約を受け付けている。

ah_swivl.jpg

 Swivlは丸みのある土台にiPhoneをセットするスタンドが付いている。センサーで人の動きを感知し、それに合わせて左右に回転したり、上下に傾いたりするため、iPhoneのカメラで被写体を追いながら撮影できる。スポーツや講演をしている自分を撮影したり、ハンズフリーで動きながらFaceTimeするといった用途に使える。

Swivl by Satarii from Satarii on Vimeo.

 SwivlはiPhone 4Sおよび4、第4世代iPod touch向けだが、厚さ11ミリ未満の携帯端末やカメラなら、モバイルソフトがなくてもSwivlにセットして基本的な追跡機能を利用することができる。2012年初めに発売の予定。

関連キーワード

iPhone | カメラ | ガジェット | 撮影 | iPhone 4 | iPhone 4S


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう