ニュース
» 2011年12月16日 15時04分 UPDATE

冬の憂うつな気分を軽減させる逆サングラス「SEQINETIC」

「SEQINETIC」はメガネ型LEDライト。目に光を当てることで、日照不足による憂うつな気分を軽減させることを目指している。

[ITmedia]

 日照時間の短い冬は、気分が憂うつになる――そんな人に光を届けるメガネが販売されている。光を遮るのではなく、目に光を当てる“逆サングラス”だ。

ah_megane1.jpg

 「SEQINETIC」はメガネ型LEDライト。6個のLEDと反射板が付いており、反射板がLEDの白い光を和らげて目に届ける。光は無害で紫外線を出さない。電源は単4電池2本。北欧など日照時間が短い地域では、冬季うつ病の治療法として顔に人工照明を一定時間当てる手法があり、それと同様の効果を狙っている。

ah_megane2.jpgah_megane3.jpg

 49ユーロで予約受付中。日本からも注文可能だ。

関連キーワード

メガネ | LED | ガジェット | 照明


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう