新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年12月21日 11時17分 UPDATE

日々是遊戯:PS Vitaの初週販売台数は約32万5000台。今後の普及のポイントをメディアクリエイトに聞いた

先週土曜に発売となったPS Vita。メディアクリエイトはPS Vitaの立ち上げをどのように見る?

[池谷勇人,ITmedia]

まずは一定の成功を収めたが、今後の提案が重要

画像 12月17日、ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役会長の平井一夫氏と同社代表取締役社長兼グループCEOのアンドリュー・ハウス氏が駆け付けたSHIBUYA TSUTAYAのPS Vita発売カウントダウンイベント

 12月17日に発売を迎えた、ソニー・コンピュータエンタテインメントのPlayStation Vita。テレビゲームの販売データを作成するメディアクリエイトでは、発売2日間での販売台数を約32万5000台と推定しています(速報段階の数値であり、より正確な販売台数は後日発表予定)。

「出荷台数が潤沢だったこともあり、品薄で買えないということはほぼなかったようです。販売台数については、正直に言えばもう少し伸びてほしかったところですが、一定の成功は収めたといえるでしょう」(メディアクリエイト 代表取締役社長 細川敦氏)

 出荷台数については約50万台ほどと言われており、そこから消化率を推定すると約65%。新ハードとしては比較的ゆるやかな滑り出しとなりましたが、細川氏はこれについて次のようにコメントしています。「ひとつはやはり値段が高かったこと。ソフトや周辺機器も含めると実質約4万円となり、おいそれと買える価格ではなくなってくる。またローンチタイトルが全体的に小粒で、ハードの購入を促すほどの有力タイトルが不在だったことも理由の1つでしょう」。

 また細川氏は、同じ週にPSPが約6万台売れていることにも注目します。「まだPSPで十分だと思っているユーザーがそれだけいる。3DSの時もその傾向はありましたが、新しいゲーム機が出たからといってすぐに食いつくという人は減ってきており、(ゲーム機自体が)これまでのような垂直型の立ち上げから、じわじわと浸透していくものへと変わりつつあるのかもしれません」。

 それでは、今後PS Vitaが普及していくにあたってのポイントは?

「PS Vitaは単にPSPの後継を目指したものではありません。PSPとは違う遊び方、価値観、体験を提案するというのがPS Vitaの狙いですが、それは今までのようにメーカーからユーザーへ一方的に押し付けていくというものではない。その部分を今後どう提案していくか、同時にユーザーがどう理解し、使いこなしていくかが普及のポイントになるでしょう」(細川氏)

 ユーザー側にまだ狙いが十分に伝わっていない点については、細川氏は「それだけ革新性があった」とも語っています。PS Vitaが今後どのように普及していくか、引き続き注目していきたいところです。

画像画像 価格は、3G/Wi-Fiモデルが2万9980円、Wi-Fiモデルが2万4980円

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む

FEATURES

icon

「子どもの映画なのに子どもの手に入らない。誰のための特典なのか」といった批判が寄せられています。

icon

秋葉原を出発し池袋、新宿を経由して渋谷へ――公道を走る「リアルマリオカート」を体験しました。途中ドライブスルーも!

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

おススメの生放送ライブガイド

ニコニコ生放送で終戦記念日の特別企画として、記録映画「二重被爆〜語り部・山口彊の遺言」「二重被爆」を2本立て上映する。配信は8月14日21時0分〜。

オススメ記事