ニュース
» 2011年12月22日 20時13分 UPDATE

セキュリティの心構えをカレンダーで――HTC、「コンプライアンスカレンダー」を一般発売

セキュリティ啓発冊子などを手がけるHTCが製作した非売品の2012年カレンダーが、TVで取り上げられるなどの大反響で一般発売されることに。申し込みは同社Webサイトで受け付ける。

[ITmedia]

 ハイテクノロジーコミュニケーションズは、同社がコンプライアンス担当者にプレゼントしていた非売品の「コンプライアンスカレンダー2012」について、1冊1050円で販売すると発表した。

 「コンプライアンスカレンダー」は、同社が「堅苦しいコンプライアンス活動を親しみやすいものにできないか」という発想のもと、非売品のプレゼント用に製作していたもの。毎月1つのコンプライアンス標語とユニークなイラストを掲載が掲載されており、1月の標語は「140文字の世界から、社の情報がモレ出てる」、イラストは「ツイッターなどのSNS利用で、秘密情報が漏れだすイメージ」といった内容となっている。同社では、これまでWebサイトでプレゼントの案内していたところ、コンプライアンス担当者だけでなく「東京中日スポーツ」紙やTBS系列のニュース番組「みのもんたの朝ズバッ!」などで取り上げられるほどの反響となり、急遽発売を決定したという。なお、販売されるカレンダーは、プレゼント版から同社ロゴを取り除かれ、A3版で各月1枚のデザインとなっている。

 販売は同社のWebサイトフ注文フォームより申し込みのうえ、後日届くメールに従い代金を支払うシステムとなっている。代金については、50部以上の注文で10%引き、100部以上で20%引きとなり、購入代金の5%は東日本大震災の被災地支援に当てられることになっている。


tm_20111222_calender01.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう