ニュース
» 2011年12月22日 21時58分 UPDATE

お気に入りのヘッドホンをワイヤレスで使える――プラネックス、ワイヤレスオーディオレシーバー「BT-WRV01」を12月22日発売

3.5mmステレオミニプラグでのオーディオ出力に対応した、Bluetoothワイヤレスオーディオレシーバーがプラネックスから発売となる。

[ITmedia]

 プラネックスコミュニケーションズは、ワイヤレスオーディオレシーバー「BT-WRV01」を12月22日より発売する。同社の直販サイト「PLANEX Direct」での販売価格は3000円。

 「BT-WRV01」は、Bluetooth3.0+EDR対応のワイヤレスオーディオレシーバーで、BluetoothプロファイルにはA2DPを利用する。ヘッドホンなどへの出力は3.5mmステレオミニプラグを使用する仕組みで、ヘッドホンやポータブルスピーカーなど、Bluetooth非対応の製品でも、Bluetoothワイヤレストランスミッターと併用することで利用可能となっている。電源にはリチウムイオン充電池を使用しており、バッテリーの充電はUSB給電で行う。また、Bluetooth Ver.3.0+EDR対応により消費電力を軽減。一度の満充電で待機時間約300時間、連続駆動約6時間を実現している。


tm_20111222_planex01.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう