ニュース
» 2011年12月26日 14時19分 UPDATE

モーターで動く電動ローラースケート「spnKiX」

電動モーターですいっと走るローラースケート「spnKiX」が2012年3月に登場します。

[ITmedia]

 かつて一世を風靡したローラースケートが、電動になって帰ってくるようです。

ah_spnKiX_red.jpg

 JPWORKSという企業が開発中の「spnKiX」は、電動モーターのついたスケート靴。靴にストラップで固定してはき、手に持ったワイヤレスリモコンでスピードを調整します。左右それぞれにモーターと充電式バッテリーが内蔵されています。速度は最大で最高で時速10マイル(16キロ)、慣れるまでは補助輪をつけて練習します。

 spnKiXプロジェクトはKickstarterで製造資金を募っていましたが、めでたく資金が集まり、2012年3月第1週に100組出荷する見込みです。小売価格は649ドルの見通し。現在もKickstarterで資金募集は続けており、500ドル以上の提供で最初の100組のうち1組が、950ドル以上でスペシャルエディションがもらえます。

関連キーワード

2012 | シューズ | バッテリー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう