ニュース
» 2011年12月26日 19時45分 UPDATE

限定5000個! 「鉄道コレクション京急1000形 非冷房車・2両セット」を鉄道フェアで販売

京急百貨店は、鉄道フェアの目玉としてディスプレイモデル「鉄道コレクション京急1000形 非冷房車・2両セット」を京急線上大岡駅京急百貨店にて限定販売する。

[ITmedia]
画像

 京急グループの京急百貨店は12月30日より鉄道車両のディスプレイモデル「鉄道コレクション京急1000形 非冷房車・2両セット」を5000個限定で販売する。価格は2300円。

 今回の販売は、同百貨店で3回目となる「鉄道フェア」(2011年12月30日から2012年1月4日まで開催)の目玉商品。実物の150分の1の展示用模型で、Nゲージの規格に準拠しており、別売部品を組み合わせることで走行可能な模型に改造することもできる。

 京急1000形は京急を代表する車両として活躍。2010年6月に引退した車両だ。今回の「鉄道コレクション京急1000形2両セット・非冷房車」は、1959年〜1960年に製造された車両の1970年代の姿を模型化したもので、更新工事で設置した通風器や種別表示器、冷房改造前の運転台上部の雨樋形状など、前回製品との違いを忠実に再現している。台車も別のタイプの車両を模型化した。

 昨年の鉄道フェアでも別タイプの京急1000形が模型化され販売されている。なお、1人6セットまで。京急線上大岡駅・京急百貨店の7階催事場「第3回京急鉄道フェア」で当日午前10時より販売される。

関連キーワード

京急 | 百貨店 | ディスプレイ | 引退 | 再現


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう