ニュース
» 2012年01月06日 15時10分 UPDATE

Android搭載の3Dヘッドマウントディスプレイ「Natalia」

「Natalia」は1.2GHzデュアルコアプロセッサとAndroid 4.0を搭載し、PCやゲーム機につながなくても単独で使える。

[ITmedia]

 ヘッドマウントディスプレイ(HMD)技術を手がける米Sensicsは1月5日、Androidを搭載した3Dゴーグル「Natalia」を発表した。

ah_Natalia1.jpg

 1.2GHzデュアルコアプロセッサとAndroid 4.0を搭載し、性能はトップエンドのタブレットやスマートフォンと同等という。PCやゲーム機につながなくても利用できるし、各種端末と連携させて使うこともできる。3Dディスプレイは有機ELで、1280×1024ピクセルと720pの両方の解像度をサポートする。Wi-FiとBluetoothも内蔵する。

ah_Natalia2.jpg

 ユーザーの手の位置を追跡する機能もあり、ジェスチャー操作が可能。ユーザーの頭の角度を把握できるヘッドトラッキング技術も搭載している。

 SensicsはAPIも提供し、開発者はNatalie向けのアプリを開発できる。同製品は初め開発プラットフォームとして提供し、年内に消費者向けに発売する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!