ニュース
» 2012年01月06日 16時43分 UPDATE

SP盤の貴重な音が各地の図書館で聴ける――国立国会図書館、歴史的音源の図書館向け配信を開始

戦前の落語や長唄など、国会図書館に残るSP盤の貴重な音源が、今年から全国各地の図書館で聴けるようになる。

[ITmedia]

 国立国会図書館は、1月4日より1900年初頭から1950年前後に国内で製造されたSP盤等の音源「歴史的音源」を、各地の公立図書館向けに配信試行を開始した。

 これまで、同館では歴史的音盤アーカイブ推進協議会がデジタル化した音源を「歴史的音源」として保管。著作権および著作隣接権の保護期間満了が確認できた一部の音源のみをインターネットで公開しており、それ以外については館内のみの利用となっていた。今回、配信される図書館は全国各地の以下12館となっており、今後さらに17館での配信についても調整が行われている。

山梨県立図書館

岡山県立図書館

東京都立中央図書館

東京都立多摩図書館

高知県立図書館

京都市立右京中央図書館(1月18日〜)

京都府立図書館(1月27日〜)

文京区立真砂中央図書館(1月29日〜)

北海道立図書館(1月中旬〜)

長野県立長野図書館(1月下旬〜)

川越市立図書館(中央図書館ほか3館。2月1日〜)

徳島県立図書館(2月10日〜)


 なお、各館に配信される音源は落語、長唄、管弦楽、歌劇、浄瑠璃、歌謡曲、講演、ジャズなどで計2万6074件となっており、今後追加のうえ最終的に約5万件を提供する予定となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう