ニュース
» 2012年01月12日 11時40分 UPDATE

レゴで「はやぶさ」発売 川口淳一郎氏のレゴミニフィギュアも

ユーザー投票の最速記録を打ち立てて商品化が決定したレゴの小惑星探査機「はやぶさ」が3月1日に発売される。

[ITmedia]

 レゴ社公認の商品化WEBサイト「EGO CUUSOO」において、ユーザーからの投票が規定数を獲得したことを受け、「はやぶさ」が商品化されることになった。価格は6615円。レゴジャパンから、3月1日に発売される。

画像

 一般ユーザーの提案者が投稿した、レゴブロックの「はやぶさ」モデルを元に、JAXA(独立行政法人 宇宙航空研究開発機構)の監修のもと、デンマーク・レゴ本社のデザイナーが開発した。「はやぶさ」のイオンエンジン、小惑星探査ローバ「ミネルバ」、サンプラーホーン、再突入カプセル、太陽電池パドルなどがレゴブロックで再現されている。さらに惑星イトカワの表面も一部再現できるセットになっている。

 「はやぶさ」プロジェクトマネージャーの川口淳一郎氏のレゴミニフィギュアも含まれるセットは全369ピース。完成モデルサイズは、高さ約23センチ、幅約30センチ、奥行約18センチ。セットにはパーツのほか90ページ以上にわたるブックレットも含まれている。

画像画像

 小惑星探査機「はやぶさ」のアイデアがLEGO CUUSOOに提案されたのは2011年1月25日のこと。投稿された日から64日で、商品化を検討する基準(当時)の1000票を集めた。これはLEGO CUUSOO 第1弾として商品化された「しんかい6500」を抜いて最速の記録となる。

LEGO, the LEGO logo and DUPLO are trademarks of the LEGO Group. (C)2012 The LEGO Group.


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう