ニュース
» 2012年01月19日 19時42分 UPDATE

アエリア、Runewaker Entertainmentが開発中のPC向けMMORPG「Dragon’s Prophet」の日本国内向け独占配信契約を締結

2012年は辰年。ということで、干支にちなんだドラゴンが大活躍する新作MMORPG「Dragon’s Prophet」が日本国内向けサービスに向けて動き出す。

[ITmedia]

 アエリアは、台湾・Runewaker Entertainmentが開発中のPC向けMMORPG「Dragon’s Prophet」について、日本における独占配信契約を締結したと発表した。

 「Dragon`s Prophet」は、プレイヤーはさまざまな種類のドラゴンと戦い、捕獲してパートナーとすることにより一緒に冒険をする。巨大なドラゴンの背に乗って、自由自在に空を飛んだり、水中を移動することができるほか、。また、オリジナルゲームエンジン「RENA」により高画質なグラフィックとともに、風になびく木々の影や、流れる雲、変化する気候、美しい四季等を現実世界のように再現する。さらに音響システムでは、通常のオンラインゲームの約4倍のチャンネルを採用し、人の話し声、風車の音、川のせせらぎなどの様々な遠近感のあるち密な環境音を再現している。

 Runewaker Entertainmentは台湾での今夏サービス開始に向けて開発が進められており、アエリアでは日本国内において2012年中のサービス開始を予定している。


tm_20120119_dragonsprophet03.jpgtm_20120119_dragonsprophet04.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう