新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年01月21日 17時19分 UPDATE

バイオと聞いて、鈴木史朗さんが司会にやってきた!:「バイオハザード6」などの情報も、もりもりご紹介!――バイオハザード生誕15周年記念「バイオハザード プレミアムパーティー」 (1/2)

「バイオハザード」生誕15周年を記念し、盛大なプレミアムイベントを開催。最新作「バイオハザード6」などの情報が公開された、その様子をリポートする。

[蒼之スギウラ,ITmedia]
画像

 カプコンは1月20日、バイオハザードシリーズ15周年を記念して「バイオハザード プレミアムパーティー」を、東京の渋谷O-EASTにて開催した。

 シリーズ第1作目、プレイステーションの初代「バイオハザード」が発売されたのは、15年前の1996年3月22日。ハイクオリティなビジュアルや、独特の恐怖を煽る演出で、ホラーアクションゲームの代表的なタイトルという地位を確立した。初登場のゾンビが、こちらを振り返る瞬間が印象に残っているという人も多いはず。

 イベントには、バイオハザードの公式ファンクラブ「CLUB96」から招待され、多くのファンが来場。最新作として発表されている「バイオハザード リベレーションズ」の映像や、待ちに待ったシリーズナンバリングタイトル「バイオハザード6」の最新情報などが発表された。本記事では、そんなイベントの様子をリポートする。

アニバーサリーイベント開幕! 15周年を記念した、様々な情報が公開された

 会場となった渋谷O-EASTには、バイオハザードに関連する様々なグッズが展示され、イベントだけの特別ドリンクやフードメニューが無料で振舞われた。

画像画像

画像画像

画像画像

 また、発売直前の「バイオハザードリベレーションズ」は、イベントの合間に実機プレイができる試遊台も用意された。1人プレイ用台とコープ(協力)プレイ用台があり、どちらかというとコープ用の台が人気を集めていた様子。

画像 フリーアナウンサーの鈴木史朗氏

 イベントがスタートし、まず最初に登場したのは、総合司会を務めるフリーアナウンザーの鈴木史朗氏。73歳という高齢ながらかなりのゲーム好きで、バイオハザードシリーズにおいては、並のプレイヤーでは太刀打ち出来ない腕をお持ちとのこと。

 鈴木氏は登場から挨拶もそこそこに、バイオの面白さをガッツリ語り、さらに「昨日の夜も、バイオ4のマーセナリーズモードをやっていました。なかなか20万点以上を出せないんですよ。今19万7600点まで行ったんですけど、もしやりかたの分かる人がいたら、どうやって出すのか後でこっそり教えて下さい」とコメント。最初からエンジン全開で、来場したファンからも笑いが起きていた。

画像 カプコンのバイオハザードシリーズ総合プロデューサー、小林裕幸氏
画像 カプコンの「バイオハザードリベレーションズ」プロデューサー、川田将央氏

 鈴木氏に続いては、バイオハザードシリーズ総合プロデューサー、小林裕幸氏と、「バイオハザードリベレーションズ」プロデューサー、川田将央氏が登壇。紹介されるタイトルや、映像についての解説を行った。ここからは、紹介されたタイトルごとに分けて掲載してゆく。

ストーリーが見えてくる、新ロングPVを公開! 「バイオハザード リベレーションズ」

画像

 最初はもちろん、1月26日に発売予定の「バイオハザード リベレーションズ」。まず、本邦初公開のロングPVが公開され、その後は川田氏による簡単なゲーム解説と、実機による協力プレイの実演が行われた。

 川田氏は「これまでは、ストーリーを感じさせるような部分は伏せてきましたが、今回はゲーム内のクライマックス近くまでの映像を公開しています」コメント。

 実際その通り、ゲーム画面だけでなく、これまで公開されたプロモーションビデオで顔が見えなかった「ガスマスクの男」の素顔が登場している。PVは公式ホームページで見られるが、ネタバレを嫌う方は、あえて観ないで発売を待つのもいいだろう。

画像 カプコンの「バイオハザード リベレーションズ」ディレクター、中西晃史氏(左)。同じくカプコンの「バイオハザード リベレーションズ」アシスタント・プロデューサー、竹中司氏(右)
画像

 続く解説とゲームプレイは、本作のディレクターである中西晃史氏と、同じく本作のアシスタント・プロデューサーである竹中司氏が担当した。2人で「レイドモード」と呼ばれるコーププレイを、かなり高い難易度のステージをプレイしつつ、解説を行なってくれた。

 竹中氏は「本編をしっかりとホラーにしたので、レイドモードは遊びやすいように、本編とはかなり違う仕様になっています」と話した。ゲーム画面を見ると、敵の体力が表示されていたり、ダメージが数値で出るなど、ユーザーインタフェースに色々な違いが見受けられる。

 難易度を上げると、本編には登場しない強力な敵も出現するようで、やりこみ派には欠かせない要素だろう。また、使用するキャラクターを選択できたりと、自由度の高いモードとなっている。

画像画像 4つある「最強の武器」の1つ、伝説のショットガン「ドレイク」。

 プレイ終了後は「レイドモード」に登場する、新たな要素が公開された。これまでのシリーズでも武器の強化が行えたが、本作には「レイドモード」内に、4つの「最強の武器」が隠されているようだ。これをすべて探し出すのはかなり難しいようなので、全国のやりこみ派「バイオ」プレイヤーは、全力で探し出そう。

かつての仲間たちと戦う、バイオ初の本格TPS作品「バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ」

 お次は、今年発売を予定している新作タイトル「バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ」のストーリーを描いたロングトレーラームービーが公開された。

 本作は、これまでのシリーズでは敵として扱われていた「アンブレラ社」側の視点で戦う、TPS(三人称視点シューティングゲーム)。これまで主人公として戦ってきた、クリスやレオン、ジルなどが敵として登場することになる。

 解説役を務めた小林氏によると、これまでの「バイオ」シリーズと違い、アクションゲームとしてではなく、TPSとしての完成度を突き詰めた作品となるそうだ。

 映像を見た鈴木さんは「これはもう、映画超えちゃってますね」と、楽しそうにコメントしていた。本格TPSの世界で活躍する鈴木さんの姿も、ぜひ見てみたいところ。

画像画像

 ここで公開された新情報は「先着特典」として用意されるDVD。「バイオ」シリーズを愛するアーティストたちによるメッセージや、開発チームによるインタビューなどが収録されるとのこと。購入予定がある方は、予約を確実に行おう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事