ニュース
» 2012年01月23日 13時46分 UPDATE

がっちり施錠した自転車を1年間放置したらこうなりました

諸行無常というのでしょうか。自転車を放置したらこうなりますのでご注意ください。

[ITmedia]
画像 しっかり鉄柱に固定した自転車を放置したら……。まだ健在だった頃の自転車

 警視庁によると、東京都内における自転車盗の認知件数は5万9046件(2010年)とかなりの被害件数が報告されています。

 盗難の原因としては、もちろん盗む人間が悪いのですが、施錠をしていなかったり、路上に放置したことも要因だとされています。ではニューヨークのダウンタウンに自転車をしっかり施錠し、鉄柱にワイヤーで固定したうえで1年間放置したらどうなるのでしょうか?

 ニューヨークのソーホー地区において昨年行われた都市実験で、放置した自転車が365日の間にどうなっていくのかを撮影した映像を紹介します。予想どおり徐々に消滅していく様子を見ることができます。


 注目すべきは200日くらいまで自転車は健在だったという点。少しずつ風雨にさらされ、人に乗られなくなった自転車は薄汚れていきます。そうなると手出ししやすくなるのか、サドルの下に備えていたボトルが消えたかと思いきや、カゴが消え、サドルが消え、あとは崩れるように荷台や前輪が消滅していき鉄くずと化していきます。そうこうしているうちに300日を迎えた頃には姿形すらなくなってしまいました。まぁ……そうなりますよね。

関連キーワード

自転車 | 撮影 | 盗難


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう