ニュース
» 2012年02月07日 11時00分 UPDATE

ナニコレ:俺のVAIOは一味違うぜ――個性を求めるあなたのためのスチームパンクPCカバー

VAIO type F専用のPCカバー「The eCog Mercury Steampunk Cover」は、産業革命の時代をイメージしたスチームパンク風のカバーです。これを付ければ、VAIOが電動から蒸気駆動になってしまうかも……?

[三股地平,ITmedia]

 皆さんは「スチームパンク」という言葉をご存じですか? スチームパンクはSF作品の1ジャンルで、「産業革命の原動力となった蒸気機関が現在までメインエネルギーとして使われている」という設定が共通しています。実際は蒸気機関は小型化が難しいため、電気などの動力に取って代わられてしまうのですが、むき出しのパイプやゴツい計器など、武骨なデザインが非常に魅力的です。

ky_vaio_0131_001.jpg The eCog Mercury Steampunk Cover

 今回は、スチームパンクの魅力をVAIOで味わえるようにしてくれるPCカバー「The eCog Mercury Steampunk Cover」を紹介します。ノートPCタイプの「VAIO type F」専用で、カバーと言っても自分で取り付けるタイプではなく、職人さんに1つ1つパーツを装着してもらう本格派です。

 驚くべきは、そのデザインの精巧さ。キーボードやディスプレイの周辺は、厚さ3ミリ未満の木目調ベニヤで覆われています。とても自然な仕上がりで、レトロな雰囲気が醸し出されています。また、キーボードはボタン1つ1つが金のリングで覆われ、タイプライターのボタンを思わせる演出になっています。このキーボードなら、退屈な書類作成もヴィクトリア朝時代の小説家になった気分で楽しくこなせそうです。

 天板には、スチームパンクの醍醐味(だいごみ)とも言えるような、金属パイプとアナログな計器の装飾が施されています。蒸気機関独特の力強さは圧倒的で、実はつるんとしたプラスチック製の天板がこの下に隠れているとは想像もできません。ちなみに、天板のカバーはヒンジ部分のネジを利用して自分で取り付け、取り外しができます。

ky_vaio_0131_002.jpgky_vaio_0131_003.jpgky_vaio_0131_004.jpg

 価格は1250ドル(約9万5000円)と少々お高いのですが、PCカバーで自分の個性を主張したい人にとっては、これ以上ないアイテムではないでしょうか。取り付けは職人が行うため、自分でVAIOを発送するか、お店にVAIO本体の料金を上乗せして支払う必要があります。残念ながら、日本への発送は行っていません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう