ニュース
» 2012年02月07日 15時13分 UPDATE

夜間でも見えやすい車載用小型リアビューカメラ「RVC299」

データシステムより2月8日発売される高感度スーパーCMOSセンサー搭載の車載リアビューカメラを紹介します。

[ITmedia]
画像

 有効画素数32万画素の高感度スーパーCMOSセンサーを搭載した車載リアビューカメラ「RVC299」が2月8日にデータシステムより発売される。

 暗い場所でも障害物が見やすい視認性の高い高画質設計がウリで、有効画素数32万画素・水平解像度400TV本の高画質を実現。バックでの車庫入れ時などの、後方視界の安全確認をサポートする。歪みの少ない視野角設定で、防水性能をアップさせた。価格は9800円。

 バックギアに連動して画面を自動的に切り替えることが可能で、トヨタ・ダイハツ・ホンダ・日産の各社ディーラーオプションナビや市販ナビには専用のリアカメラ入力ハーネスも用意されている。


画像画像

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう