ニュース
» 2012年02月13日 13時05分 UPDATE

テーブルの上に枯山水のような砂絵を描く「Zen Table」

「Zen Table」はソフトウェアとロボットを使って枯山水の庭園をテーブルの上に再現します。

[ITmedia]

 砂の上に美しい模様が描かれた枯山水の庭園のような光景をテーブルの上で再現する「Zen Table」を米国の開発者が作りました。

ah_zen.jpg

 Zen Tableはコーヒーテーブルの天板の上に砂のような微細なシリコンビーズを敷いて、その上にガラスをかぶせています。ソフトウェアを使ってビーズの下のロボットを動かして模様を描く仕組みです。プログラムの組み方次第では、文字や絵なども描くことができます。スマートフォンで操作する機能も備えています。

 開発者のSimon Hallamさんは、レストランやホテルなどでの利用を想定し、Zen Tableをビジネスとして展開していく計画です。既に資金調達サイトKickstarterで3万5000ドルを獲得しており、コーヒーテーブルサイズのものと、デスクトップサイズ(33×24×6センチ程度)の2種類を提供するとしています。

関連キーワード

テーブル | ソフトウェア | ロボット


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう