新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年02月15日 10時15分 UPDATE

日々是遊戯:PlayStation Vitaが7万円!? ゲーム機「輸入」を妨げるブラジルのお国事情とは

間もなく北米・欧州でのPlayStaion Vitaローンチを控えるなか、ブラジルの小売店も(輸入品ですが)ブラジル国内でのVitaの販売価格についてコメントしました。

[池谷勇人,ITmedia]

おそるべきは関税率の高さ

画像 「SAVE AND QUIT」の記事

 間もなく北米や欧州でもローンチを迎える、ソニー・コンピュータエンタテインメントのPlayStation Vitaですが、海外ニュースサイト「SAVE AND QUIT」によると、「ブラジルでの販売価格はおそらく1600レアル(約7万3000円)ほどになるだろう」とのこと。げぇっ、日本の約3倍だと!?

 これはブラジルのある小売店が語ったもので、Wi-Fiモデルの価格だそう(3G版の取り扱い予定はなし)。おそらく北米からの輸入品だと思われますが、北米では249ドルで売られているものが、一体なぜここまで高くなってしまうのか、不思議に思った人もいるかもしれません。

 実はこれにはちゃんと理由があります。ブラジルでは自国産業育成のため、ゲーム機など電子器機にかけられる関税が非常に高くなっているのだそう。ちなみに同記事によればブラジルでは現在、プレイステーション 3が1299ドル(約10万円)、Xbox 360が799ドル(約6万2000円)にて販売されているとか。決して輸入業者が足もとを見てぼったくっているわけではありません。

 以前紹介した「メガドライブ4」や「メガドライブ ハンドヘルド」もブラジルの製品でしたが、こうした独自ゲーム機が生まれやすいのも、「輸入するくらいなら国内で作った方がいい」という、ブラジルのお国事情が影響しているみたいですね。ブラジルのゲームファンに最新のゲーム機を行き渡らせるためには、まだまだ解決すべき課題が多いようです。

画像 北米ではWi-Fiモデル、3Gモデルともに249ドル。そのほか、8GBメモリーカードなどが付属する「Launch Bundle」と、1週間早く購入することができる「First Edition Bundle」がそれぞれ発売予定

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む

オススメ記事