ニュース
» 2012年02月16日 18時47分 UPDATE

「ガンスリンガー ストラトス」体験会:自分の手で、狙って敵を撃ち抜くのがこんなにもキモチイイとは! トリガーでハッピーになっちまいそうだぜ! (1/2)

ゲーマー心をくすぐるシステムを満載した、スクウェア・エニックスの新作アーケードゲーム「ガンスリンガー ストラトス」。その体験リポートをお届けする。

[蒼之スギウラ,ITmedia]

 2月15日、「ガンスリンガー ストラトス」の開発元であるバイキングにて、「ガンスリンガー ストラトス」のメディア向け体験会が開催された。

 「ガンスリンガー ストラトス」は、1月11日にスクウェア・エニックスより発表され、今年夏の稼働を予定しているアーケード用オンラインマルチ対戦型ダブルガンアクションゲーム。従来より、ゲーム性しかり、筐体の形しかり、色々な意味で挑戦的なアーケードゲームを創り上げてきたスクウェア・エニックス。そんな同社が今回挑戦したのは、2丁のガンコントローラーを用いた、ガンアクション。

 「アーケードのガンアクションゲーム」と聞くと、1人用レールアクションを想像するが、本作は4対4のオンライン対戦をメインに据えている。2丁のコントローラーを合体・分離させることで武装を変更できるなど、非常に独特なゲームシステムを採用した!

 ……なんて言われても、正直分かりにくいと思うので、ここからは早速、体験会でのプレイ体験を交えつつ、ゲームについての解説を行なっていく。

 ただし、今回体験できたのは、1月に行われた内覧会と同じバージョン。操作形態やユーザーインタフェースも、現行のバージョンでは大きく変化しているということもあり、細かな操作やキャラクターや武器の情報、ゲームバランスなどについては深く切り込んでいない。ゲームの雰囲気や、雑感を確かめる意味でご覧いただければ幸いだ。

敵をこの手で撃ちぬく爽快感を感じよ! 実機体験リポート

 用意された筐体は、チーム台4つが2セットの8台。ローテーションで、各台で1キャラクター2回ずつプレイできた。ゲームの目玉である、4対4のチーム対戦を最初から遊べるとは、なんとも役得な気分だ!

画像
画像 移動速度や攻撃力など、平均的な能力の主人公「風澄徹」

画像
画像 特殊な補助武器を持つヒロイン「片桐鏡華」

画像
画像 高威力のガトリングと、鈍重な移動速度が特徴の「羅漢堂旭」

画像
画像 高い機動力と、妨害武器を駆使して戦う忍者「草陰稜」

 体験会で使用できたのは、これまでにも情報が公開されていたベーシックな性能を持つ主人公「風澄徹」、回復や補助能力を多く持つヒロイン「片桐鏡華」、低い機動力を大火力でフォローする「羅漢堂旭」と、「羅漢堂旭」と、高機動キャラクター「草陰稜」の4人。

 キャラクターそれぞれには武装が設定されており、武装の能力によって、そのキャラクターのコストが決定される。チームには、使用限界コストのような「勢力ゲージ」(現状で詳細は不明)が設定されており、撃破されるとコストぶんの数値がマイナスされる。そして、早く相手勢力のゲージを0にした方が勝利となる。なるほど、非常に分かりやすい。

画像画像 両コントローラーのスティックは、ちょうどPS3のアナログスティックのように、押し込める。右スティックは、視点操作をフリーカメラにできた
画像 右コントローラーにはボタンがついており、これでダッシュやジャンプの操作を行う

 そして、注目すべきはやはり特殊なダブルガンデバイス。縦、横に連結できる合体・分離機構を備えており、両手に持てばハンドガンなどの通常武装、横に接続すればマシンガンなどの連射武器、縦に接続すればレーザーなどの大型武器に武装が変化する。

 ちなみにこのバージョンでは、画面外を撃てばリロード。両手で同時に画面外を撃てば格闘攻撃が行えた。ただし、この操作はまだ確定していないとのことなので、変更される可能性が高いので注意しておこう。

 移動やターゲット変更(視点移動)は、コントローラーの撃鉄部分に設置されたスティックで行える。割り当てられているのは、左スティックで移動、右スティックでターゲットの変更となっている。難しく聞こえるかもしれないが、コンシューマー機を触り慣れて、左スティックで移動、右スティックで視点変更という基本形を理解している方なら、スムーズにゲームへ入り込めるはずだ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう