新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年02月17日 13時51分 UPDATE

“ゲームで笑顔がつながっていく”瞬間を 「東京ゲームショウ2012」開催発表会

ソーシャルゲームやスマートフォンの台頭でゲームのビジネスモデルは多様化した。市場の拡大できるかを占うTGS2012の開催概要が発表された。

[加藤亘,ITmedia]

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA)は、日経BP社との共催のもと、2012年9月20日〜23日の4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)において「東京ゲームショウ2012」を開催する。

画像

画像 CESA会長の和田洋一氏は大きな分岐点になるとコメント

 2月17日、ホテルニューオータニ(東京都千代田区)において、開催発表会が行われ、冒頭挨拶に立ったCESA会長の和田洋一氏は、コンテンツが進化しても従来のパッケージによるビジネスモデルが行き詰っている中、「ソーシャルゲームやスマートフォンの台頭で、新たなビジネスモデルを提案できた」と、TGS2012が大きな分岐点となると発言した。

 もちろん、すべてのタイトルがアイテム課金になるわけではないと冗談めかしたが、今年のゲームショウではよりソーシャルゲームが拡充し、ワールドワイドに関心が高まるイベントになるだろうと予言する。

 昨年実施された「東京ゲームショウ2011」は、ビジネスデイと一般公開日の4日間で22万2668人を記録。東京ゲームショウ過去最高となった昨年の約20万7647人をさらに上回った(実績報告などは過去記事を参考にしていただきたい)。

 今年のテーマは「GAMEで笑顔がつながっていく。」。2010年からのアジアNo.1の情報網羅性と世界最大規模のイベントという中期ビジョンはそのままに、アジア圏においてますます活性化するゲーム市場の相互連携をより強固なものにするため、BtoB向けの「TGSフォーラム2012」に加えて、ビジネスミーティングエリアの拡大やスマートフォンにも対応した新しいビジネスマッチングシステム「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」を導入する。

 また、国内外のゲームファンのために「公式動画配信チャンネル」を開設。フォーラムや出展ブースのステージプログラムの模様もライブ配信する。アジアのトッププレイヤーが一堂に会する「アジア e-Sports 選手権(仮称)」の実施や、導線の確保などを前提としたコスプレ専用エリアの拡充を予定している。

 会場には「一般展示」のほかに、統合および名称変更の「PCゲームコーナー」や「スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナー」、昨年に引き続き「ゲームデバイスコーナー」、「物販コーナー」、「ゲームスクールコーナー」、「ファミリーコーナー」などを設置。BtoB向けコーナーとしては「ビジネスソリューションコーナー」やアジア圏で有望なゲームベンチャーや開発ツール会社などを紹介する「アジアニュースターズコーナー」、「ビジネスミーティングエリア」を設置する。イベント関連では、「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット」や「TGSフォーラム2012」、「SENSE OF WONDER NIGHT 2012」、「アジアネットワーキングパーティー」の実施も決まった。

 昨年は全体の53.0%が新規来場者(2010年は45.6%)と半分以上が新たにつかんだゲームユーザーだったのを受け、さらに新規へ訴求したい考え。アジア圏を中心に海外での告知を強化し、海外のゲーム専門サイトへの協力やメディアパートナー制度への参加を呼び掛けている。TwitterやfacebookなどのSNSによるプロモーションもより積極的に展開。今年も日本ゲーム大賞との連動や東日本大震災復興支援などもある。

 ソーシャルゲームを中心に確かにゲームビジネスモデルは転換点を迎えている。収益性も高く、流通を介さないためリスクも少ないと、各メーカーとも自社のIPをより活用するためにスマートフォン対応やソーシャルゲームの開発・運用に積極的だ。ここ数年、事あるごとに聞いた「大きな分岐点」は確かに超えたように思う。問題点も内包しているが、このソーシャル化・スマートフォン対応の流れはしばらく続きそうだ。TGS2012では任天堂が開発を進めるWii Uのタイトルも出展されるかもしれない。パッケージタイトルもその流れを受けどういった対応を見せてくれるのかも注目したい。

開催概要

  • 名称:東京ゲームショウ2012(TOKYO GAME SHOW 2012)
  • 主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
  • 共催:日経BP社
  • 後援:経済産業省(予定)
  • 会期:2012年9月20日・21日 ビジネスデイ 午前10時〜午後5時、2012年9月22日・23日 一般公開日 午前10時〜午後5時
  • 会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)展示ホール1〜8/国際会議場
  • 来場予定者数:19万5000人
  • 出展社数:180社(予定)
  • 募集小間数:1550小間
  • 入場料(一般公開日):一般(中学生以上)前売1000円/当日1200円、小学生以下無料

画像画像画像

画像画像画像

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事