新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年02月20日 11時34分 UPDATE

今年はゲーマー歓喜のAOUに:裏方でまさかの“あの”企業が参戦していた!?――AOU 2012 アミューズメント・エキスポへ行ってきました

今年のAOUをひとまとめ! 各企業に気になる情報がないかをチェック。

[蒼之スギウラ,ITmedia]

 昨年9月、東京ゲームショウ2011と併催となったアミューズメントマシンメディアショーがなくなったことで、2月17日〜18日に開催された「AOU 2012 アミューズメント・エキスポ」(AOU 2012)が唯一のアーケードゲームの展示イベントとなった。今回、記者が会場となった幕張メッセに潜入。大手企業のブースや、面白い展示があったブースをまとめて紹介する。

バンダイナムコゲームスブース

 新作や、新たな情報を多く放出したという意味合いでは、非常に強かったのがバンダイナムコゲームスブースだろう。「鉄拳タッグトーナメント2UNLIMITED」や「機動戦士ガンダム エクストリームVS フルバースト」の体験プレイ台が配置され、子供用プライズ筐体や、ステージイベントとともに大きな盛り上がりを見せていた。

画像 「機動戦士ガンダム エクストリーム VS フルバースト」
画像 「鉄拳タッグトーナメント2UNLIMITED」

 筆者は「機動戦士ガンダム エクストリーム VS フルバースト」で、新機体をひと通り触ってみた。画面いっぱいにジオングやらギャンが映って、戦っている姿はちょっとシュールだが、ジオング射撃系等全般はなかなか強力。また、ギャンは特殊格闘で盾を構えることができるなど、面白いギミックが沢山盛り込まれている。今作も楽しめそうだ。

画像 「釣りスピリッツ」筐体イメージ
画像画像 「DARK ESCAPE 3D」

 また、「釣りスピリッツ」のような、子供用大型アーケード筐体。「DARK ESCAPE 3D」などの2人組向けホラーアクションなど、大型のファミリー向け筐体にはかなり力を入れている様子。熱心なプロモーション活動が行われている。子供や友人連れならば、ぜひ立ち寄っていただきたい。

 「データカードダス」の新作ゲーム「百獣大戦グレートアニマルカイザー」についても情報を公開しているので、そちらも気になる方はチェックしてみよう。

SEGAブース

 アーケードゲームをプレイする者として、見過ごせない情報を多く発表したのは、SEGAブース。ドラム式洗濯機型の音楽ゲーム「maimai」の発表をはじめとして、「ボーダーブレイク エアバースト Ver.2.7」や「戦国大戦-15XX 五畿七道の雄-」のアップデート情報など、ゲーセン通いをしているプレイヤーならば、琴線に触れるであろう情報が目白押し。

画像画像 「maimai」

 特に、従来の「叩く」動作が基本だった音楽ゲームに「なぞる」操作を追加し、新たなゲーム性を開拓。さらに、画面を広く取ることで、迫力あるアーティストのプロモーション映像をゲームに取り入れることを成功した。

画像画像 「戦国大戦-15XX 五畿七道の雄-」

 また、アップデートが予告されていた「戦国大戦-15XX 五畿七道の雄-」でも、「あずみ」や「へうげもの」とのコラボレーションの公開など、テンションの上がる情報が多く公開されている。新カード「古田織部」の「復活」能力には、大きな注目が集まるだろう。

画像 「アンダーナイト インヴァース」

 格闘ゲーム界隈でも、注目を集めていた「ギルティギア アクセントコアPlus」の映像や、新作「アンダーナイトインヴァース」の実機プレイなど、ゲーマー好みなブースに仕上がっている。タイトルがひとつでも気になるならば、行ってみて損は無い。

バンプレストブース

 メインはプライズとフィギュアの展示だったが、こちらで紹介したいのは、色々な意味で注目を集めていたタイトル「超速変形ジャイロゼッター」。

画像画像 変形する「超速変形ジャイロゼッター」

 実際にプレイできるわけではないが、注目していただきたいのは「変形する筐体」。ゲームはレース部分とカードバトル部分に分れており、レース時はハンドルが体の前にあるが、レースが終了すると変形! レバーが出現してバトルモードとなる。

画像

 フィギュアやラジコン、アニメといった幅広い展開を予定している本作。まだまだ細かい情報は公開されていないが、この「変形」というワードに情熱を感じる方は、ぜひ一度ご覧になっていただきたい! きっと心が動かされるはずだ。

番外編:ゲームセンターの裏方を支える企業ブース

 ここからは、AOUではお馴染みの、オペレーター向け企業ブースの紹介を行う。普段はなかなか意識できない、ゲームセンターの裏方を支える仕事を見られる、非常に珍しい機会なので、ぜひチェックしてみてほしい。

画像画像

 見ているだけで楽しい、ボタンやレバーのギャラリー。こちらは一般来場者でも購入できるので、家庭用アーケードスティックのパーツを組み換えたい際などに利用してみるといい。

画像画像

 そんな中で、今回も面白そうな商品を発見した。こちらは「小型磁気センサーレバー」というもので、これまで「8方向」で認識してきたレバーを、さらに「アナログ」的な認識を可能にしたレバー。触ってみると、あの「カチカチ」感が無く、かなり「スルスル」している。格闘ゲームなどには向かないが、新たなゲームの可能性を感じさせる商品だ。

画像画像 人だかりができるほど(アイスが)大人気だった。

 さらに「毛色が違う」といえば、なんと今回のAOUには、あの製菓会社グリコが出展している。出展内容は、ゲームセンターでよく見る、あの「アイス自販機」。ブース内には、これまでに発売されたフレーバーのリストが並び、記念として無料でアイスを配っていた。なんとも太っ腹なブースである。

 スタッフさんにお聞きしたところ、一般公開日もある限りのアイスは配るとのこと。食べた人もいたのではないだろうか?


 さて、目に留まったブースはあっただろうか。まだまだ紹介しきれていない情報は多く、直接アミューズメント施設で目にするものも多いかと思う。興味を持っていただければ、直接体験していただきたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

オススメ記事