ニュース
» 2012年03月07日 20時15分 UPDATE

新作MMORPG「疾風西遊記」、今春にサービスを開始

中国では「魔神無双」として提供中の、MMORPGが「疾風西遊記」として日本に上陸。今春からのサービス開始予定で、ティーザーサイトも本日オープンとなっている。

[ITmedia]

 ネトモは、中国・藍港在線(北京)科技が開発するPC向けMMORPG「魔神無双」の日本でのライセンス契約を締結。ゲームポータルサイト「ゲームヤロウ」にて、2012年春より「疾風西遊記」としてサービスを開始する。

 「疾風西遊記」は、孫悟空や三蔵法師が活躍する「西遊記」の世界をベースしたMMORPGで、日本版については作画を工画堂スタジオが担当する。プレイヤーは天族の一員となり、攻めよせる魔族を撃退し、世界に平和と安定をもたらすべく戦いを進めていくことになります。天族は対立する「仙族」と「妖族」に分かれており、プレイヤーは「仙族」「妖族」いずれかに属し、分身となるキャラクターを育成しながら、魔族だけでなく対立する種族との抗争に立ち向かうことになる。

 なお、3月7日にティーザーサイトもオープンされ、現在はゲーム概要と主要キャラクター2人のプロフィールが公開されている。


tm_20120307_chippuusaiyuuki01.jpgtm_20120307_chippuusaiyuuki02.jpgtm_20120307_chippuusaiyuuki03.jpg

Copyright (c) 2012 netomo Inc. All Rights Reserved.
Character Illustration by KOGADO STUDIO,INC.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう