ニュース
» 2012年03月08日 20時01分 UPDATE

京都・小川珈琲のオリジナルブレンドも同時発売に――「T-fal」ブランドのコーヒーメーカー「ダイレクトサーブ」今春発売

1杯用のカートリッジ「カフェポット」を使用することで、コーヒーを淹れて乾燥するまで自動で手軽に行えるコーヒーメーカーが、「T-fal」ブランドから発売される。

[ITmedia]

 グループセブ ジャパンは、1杯抽出タイプのコーヒーメーカー「T-fal ダイレクトサーブ」を今春発売する。

 「T-fal ダイレクトサーブ」は、各社から発売されている1杯用のレギュラーコーヒーカートリッジ規格「カフェポッド」に対応したコーヒーメーカーで、カフェポッドと水をセットしてボタン押すだけでコーヒーの抽出を開始。淹れ終わったあとには「カフェポッドドライ機能」で水タンクの乾燥も行える。本体カラーにはブラック・レッドの2種類をラインアップし、価格は14800円となっている。

 また、「T-fal ダイレクトサーブ」発売と同時に京都のコーヒー店・小川珈琲と共同開発したカフェポッド用ブレンドも発売となる。発売されるコーヒーは濃厚な香りと濃厚な香りと芳酵な苦味が特徴の「「カフェポッド レギュラー オリジナルブレンド」、華やかな香りとやさしい甘さが特徴の「カフェポッド レギュラー モカブレンド」の2種類となっている。


tm_20120308_tfal01.jpgtm_20120308_tfal02.jpgtm_20120308_tfal03.jpg

「T-fal ダイレクトサーブ」
製品ジャンルコーヒーメーカー(カフェポッド対応)
電源AC100V
消費電力1430W
サイズ181W×254H×274Dmm
重量約1.6kg
発売日2012年春発売予定
価格(税込)1万4800円

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう