新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年03月14日 19時10分 UPDATE

ナニコレ:ミクロの世界へダイブできちゃう、デジカメみたいなデジタル顕微鏡「SVP DM540」を触ってみた

デジカメ感覚で使える「デジタル顕微鏡」が楽しい。身の回りのいろんなものを拡大してみると、見慣れた世界がちょっと違って見えてくる。

[ITmedia]

 見た目はデジカメ、でも厳密に言うとデジカメとはちょっと違う。SVP(Silicon Valley Peripherals)の「DM540」は、デジカメ感覚で使える「デジタル顕微鏡」だ。

画像画像 見た目は完全にデジカメだが、これでも一応「顕微鏡」だ

画像画像 左のリングでピントを合わせ、シャッターで撮影。シャッターボタンはズームレバーも兼ねておりやや堅め

 光学ズームは10〜17倍までだが、デジタルズームを使えば最大500倍まで被写体に寄れる。試しに自分の名刺を撮ってみたら、紙の繊維の結びつきまでクッキリ見ることができた。なるほど、普通の顕微鏡のような煩雑さがなく、見たいものをパッと見られるのは面白い。

画像画像画像 「DM540」で名刺を撮影。どこまでも寄っていけるのが楽しい(写真はサイズ調整以外無加工)

 調子に乗って他にもいろいろと見てみることにする。近くにあったフィギュア、ぬいぐるみ、観葉植物の葉っぱ、しなびたミカンの皮――。

 普段なにげなく接しているものでも、ちょっと拡大してみるだけでまったく違ったものに見えてくる。身近にこんなワンダーな世界があったのかー! とちょっと興奮。最初は手動でフォーカスを合わせるのがやや面倒に感じたが、それも慣れてくるにつれて楽しみへと変わった。

画像画像画像 とりあえずいろいろと撮ってみる。手ブレがすごいので、手で持っての撮影はオススメしない

 ただ、「見る」のは得意な一方、「撮る」ほうはかなり苦手なようで、うまくピンの合った写真を撮るのはなかなか難しい。500倍ズームともなると手ブレもとんでもないことになるが、シャッターボタンが堅くてやたら押し込みにくかったり、本体を固定するための三脚穴もなかったりと、手ブレへの配慮が一切ないという潔さ。またホワイトバランスも適当で、プレビューではマトモなのに撮ってみると急にサイケな色合いになってしまう。「撮る」のはあくまでオマケで、「見る」方がメインだと考えた方がよさそうだ。

 調べてみたところ、残念ながら現在、日本国内での取り扱いはない模様(以前は一部ショップなどで販売されていたらしい)。一応、北米版Amazonでは129.99ドル(原稿執筆時点の価格。定価は199.99ドル)で販売中だが、この値段だとちょっと足踏みしてしまうなあ、というのが正直な感想だ。オモチャとしては面白いんだけどね。

画像画像画像 何を撮ったか分かるかな?(あえて拡大前の写真は載せない!)

関連キーワード

顕微鏡 | デジカメ | 写真 | ナニコレ | レビュー


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

注目のアイコン

注目のアイコン

日めくりダイオウグソクムシ


» 大きな画像で見る
» 過去のねこまんが一覧

FEATURES

icon

今年もみんなサービス精神旺盛。ウソが多すぎて、ねとらぼ編集部、エイプリルフール疲れ。

icon

「天国の手塚治虫が、薄い本バカ売れの田中先生に対し、変な負けん気を出して『俺だって描ける!』と、発掘させたんじゃないかと」by 手塚るみ子さん。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

おススメの生放送ライブガイド

将棋の第72期名人戦七番勝負第2局・初日、森内俊之名人VS羽生善治三冠をライブ配信する。大盤解説は飯塚祐紀七段と鈴木環那女流二段が担当する。配信は4月22日9時0分〜。

オススメ記事