新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年03月16日 21時23分 UPDATE

ナニコレ:「新しいiPad」がどれくらい美しいか、試してみたら一目瞭然だった

アプリ「勝訴」がバージョンアップし、さっそくRetinaディスプレイに対応している。せっかくなので、初代iPadと「勝訴」感を比較してみた。

[ITmedia]

 本日発売となった「新しいiPad」。それに合わせて、アプリ「勝訴」がさっそくバージョンアップを行っている。App Storeの説明によると、変更点は以下のとおり。

新しい勝訴の登場です。

Retinaディスプレイに対応しました。

 ――おお、さっそくRetinaディスプレイに対応! 一体どれくらいキレイになったのか、さっそく手持ちの初代iPadと、新しいiPadとで比べてみた。

画像画像 左が初代iPad、右が新しいiPad。左右を見比べてみると、新しいiPadの方は「勝訴感」がまったく違うことが分かる

 どちらが新しいiPadかは一目瞭然だろう。初代iPadの方は持っている人の表情も暗く、文字もなんだかくすんで見えるようだ。一方、新しいiPadの方は勝利のよろこびが満面の笑みに表れており、見ているこちらまで幸せな気分になってくる。まさかこれほどハッキリと差が出るとは……。

 一応、同じ文字でも比較してみたが、やはりRetinaディスプレイの美しさは一目瞭然だ。新しいiPadの方は「勝ちました! 新しいiPad勝ちました!」といった勢いが文字から伝わってくるが、初代iPadの方は文字にいまひとつ勢いが足りない。もしかすると本当は敗訴なんじゃないかと思えてくるほどだ。

画像 先ほどの比較でも充分に公正だったと思うが、一応同じ文字でも比較してみた

画像画像 「訴」の文字の左下をそれぞれ拡大。新型iPadの方(右)は、肉眼でもドットのカドが見えない

 正直、実験してみるまでは、まさかこれほどの差があるとは思っていなかった。Retinaディスプレイの美しさをいち早く体験したいという人は、ぜひお試しあれ。(※美しさの尺度や感じ方には個人差があります)

画像画像 アプリ「勝訴」は、裁判のニュースなどでよく見るアレを再現できるアプリ。無料

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

注目のアイコン

注目のアイコン

日めくりダイオウグソクムシ


» 大きな画像で見る
» 過去のねこまんが一覧

FEATURES

icon

今年もみんなサービス精神旺盛。ウソが多すぎて、ねとらぼ編集部、エイプリルフール疲れ。

icon

「天国の手塚治虫が、薄い本バカ売れの田中先生に対し、変な負けん気を出して『俺だって描ける!』と、発掘させたんじゃないかと」by 手塚るみ子さん。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

おススメの生放送ライブガイド

将棋の第72期名人戦七番勝負第2局・初日、森内俊之名人VS羽生善治三冠をライブ配信する。大盤解説は飯塚祐紀七段と鈴木環那女流二段が担当する。配信は4月22日9時0分〜。

オススメ記事