ニュース
» 2012年03月21日 14時42分 UPDATE

森の奥で少女が見つけたらしい光るキノコのライト

まずそのネーミングセンスを尊重したい。そんなわけでキノコのナイトライト、いかがですか?

[ITmedia]

 日本トラストテクノロジーがJTTオンライン限定で販売しているUSBライトの名前を見た瞬間、なんとなく紹介しないといけないような気がしたので掲載します。その名も「森の奥で少女が見つけた 光るキノコのライト USB with ソーラー」! まずその少女を出せ!

画像画像

 「森の奥で少女が見つけた 光るキノコのライト USB」は、周囲が暗くなると背面のセンサーが反応し自動的にLEDライトが点灯するキノコ型のナイトライト。七色に切り替わる様はまるで妖精の森に迷い込んだような幻想的な不思議な雰囲気を醸し出してくれるそうです。

 こちらのライト、芝生の部分に付属の草5本と花1本を自由にレイアウト可能。盆栽的な楽しみも与えてくれるようです。

 電源はUSBから内蔵電池に充電すると最長約8時間ほど点灯することができます。また、ソーラーパネルが付いており、窓辺など太陽光が当たる場所に置いておくことで、USB接続なしでも内蔵電池を充電できるようになっています。

 価格は1480円。重量は約137グラム。

画像画像画像

画像画像画像

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう